Menu
(0)

Search

ドウェイン・ジョンソン、『ワンダーウーマン』ガル・ガドットと初対決!映画『Red Notice』強盗アクションコメディで共演

ドウェイン・ジョンソン ガル・ガドット
[左]Photo by Eva Rinaldi https://www.flickr.com/photos/evarinaldiphotography/8557374952/ [右]Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35401982293/ Remixed by THE RIVER

ロック様ことドウェイン・ジョンソンが主演する新作映画Red Notice(原題)』に、『ワンダーウーマン』(2017)のガル・ガドットが出演することがわかった。米Deadline誌によれば、ガルは米ユニバーサル・ピクチャーズとの間で出演契約をすでに交わしているという。

『Red Notice』は最重要指名手配犯とされる美術品泥棒をめぐって、世界を股にかけて展開するアクション・コメディであり、また強盗スリラーになるという。ドウェインは事件の犯人を追うインターポールの捜査官役、ガルは美術界の謎めいた美しい女性役を演じる。現時点で詳細は不明だが、今後キャスティングされるもう一人の女性を加えた3人を中心に物語は展開するようだ。

本作は2018年2月にユニバーサルが勝利を収めるまで、複数のスタジオが権利を争ってきた注目の一本。脚本・監督は『セントラル・インテリジェンス』(2016)や『スカイスクレイパー』(2018)を手がけたローソン・マーシャル・サーバーが務める。ドウェインとは同2作に続いて3度目のタッグとあって、お互いに信頼を寄せる二人の新しい仕事に期待がかかる。ちなみにドウェインは本作でもプロデューサーに名を連ねている。

またガルにとって、ワンダーウーマン役に就任して以来、本作はDC映画以外で初めて主役級の役柄を演じる機会だ。現在、ガルは『ワンダーウーマン2(仮題)』の撮影中。アクション・コメディでドウェイン・ジョンソンとの初共演、もしや新境地開拓となるか…?

映画『Red Notice(原題)』は2020年6月12日に米国公開予定。撮影は2019年4月より始まるという。

Sources: Deadline, Variety
Eyecatch Image: [左]Photo by Eva Rinaldi [右]Photo by Gage Skidmore Remixed by THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly