Menu
(0)

Search

キアヌ・リーブス主演『レプリカズ』予告編が到着 ─ 「家族を甦らせる」倫理・道徳を問うSFアクション

レプリカズ
© 2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED. All Rights Reserved.

キアヌ・リーブス主演・製作、ノンストップ SF アクション映画『レプリカズ』の予告編映像が公開された。

“失った家族を甦らせる”という思いに取りつかれ、倫理や道徳を逸脱していく天才科学者を演じるキアヌの鬼気迫る演技、そして『マトリックス』『ジョン・ウィック』シリーズで培われたスキルが炸裂する怒涛のノンストップ・アクションに注目してほしい。

このたび公開された予告編の冒頭では、キアヌ演じる主人公ウィリアムの、クローン研究に没頭する天才科学者としての姿が描かれている。ある日突然、ウィリアムは愛する家族全員を交通事故で失ってしまう。雨の中、冷たくなった家族を抱きかかえて悲しみにくれる彼は、やがて絶望の中、神をも恐れぬ決断を下したのだ。相棒である研究者エドの忠告を振り切って、ウィリアムは倫理や道徳を越えた暴走を始める。ポッドから現れる妻のクローン、何者かに捕らえられる家族、そして人間相手に激しく戦うロボット。スリルにあふれたアクション演出も大きな見どころとなっている。

『レプリカズ』

神経科学者ウィリアム・フォスターは、人間の意識をコンピュータに移す実験を今にも成功させようとしていた。しかし突然の事故で家族4人を失った彼は、タブーを犯す決断をする。家族の身体をクローン化し、意識を移し替え、完璧なレプリカとして甦らせたのだ。ただし、記憶を少し改ざんして……。家族と幸せな日々を送ろうとするウィリアムだが、研究を狙う政府組織がサンプルとして家族を奪おうと企んでいた。

レプリカズ
© 2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED. All Rights Reserved.

主人公の神経科学者ウィリアム・フォスター役は『マトリックス』『ジョン・ウィック』シリーズのキアヌ・リーブス。妻役は『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(2013)のアリス・イブ、さらに 『キングコング:髑髏島の巨神』(2016)のジョン・オーティスらが脇を固める。製作には『トランスフォーマー』シリーズや『MEG ザ・モンスター』(2018)のロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラをはじめ、キアヌ本人も名を連ねている。監督は『デイ・アフター・トゥモロー』(2004)脚本のジェフリー・ナックマノフが務める。

映画『レプリカズ』は2019年5月17日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

『レプリカズ』公式サイト:http://replicas.jp

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly