『マトリックス』キアヌ・リーヴス、SF映画に久々のカムバック!『Replicas』米国版予告編が公開される

『マトリックス』『ジョン・ウィック』シリーズのキアヌ・リーヴスが、久々にSF映画の世界に帰ってくる。映画『Replicas(原題)』の米国版予告編が公開された。

物語の舞台は科学技術の進化した未来。キアヌ演じる合成生物学者ウィル・フォスターは、交通事故でこの世を去った妻子を甦らせるべく、人工の頭脳とロボットの肉体にその精神を宿す実験を繰り返すのだった。しかし法律や原則に背いたウィルの実験は、やがてウィルを危険な状況へと置くことになっていく……。

キアヌ自身の代表作である『マトリックス』や『ジョン・ウィック』シリーズ、そして近年の話題作『エクス・マキナ』(2015)などを彷彿とさせる本作は、アクションの要素も存分に取り入れられたSFスリラーになっているようだ。作品世界の魅力もさることながら、キアヌがどんな演技を見せてくれるのかにも注目したい。

出演者はキアヌのほか、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(2013)やドラマ「Marvel アイアン・フィスト」シーズン2(2018)のアリス・イヴ、ハリウッド版『ゴジラ2(邦題未定、原題:Godzilla: King of the Monsters)』のトーマス・ミドルディッチら。脚本は『エンド・オブ・キングダム』(2016)のチャド・セント・ジョン、監督は『トレイター 大国の敵』(2008)を手がけ、テレビドラマでも活躍するジェフリー・ナックマノフが務める。

映画『Replicas(原題)』は2018年内に米国公開予定

Source: Entertainment Studios
Eyecatch Image: YouTube スクリーンショット

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。