Menu
(0)

Search

ライアン・レイノルズ、よくライアン・ゴズリングやベン・アフレックに間違えられると告白

マーベル映画『デッドプール』の主演で知られ、2021年にはアクションコメディ映画『フリー・ガイ』、Netflixの強盗アクション映画『レッド・ノーティス』が大ヒットを放ち、ますます乗りに乗っているライアン・レイノルズ。すべてが順風満帆にしか見えない彼が、ちょっとした“不満”を洩らしている。

米ポッドキャスト番組「Dear Hank and John」に出演したレイノルズが、ライアン・ゴスリングベン・アフレックといった人気俳優と間違われることがあると告白。米ニューヨークのイーストビレッジにある某ピザ屋の店員が何年も、レイノルズがベン・アフレックだと思い込んでいるというエピソードを披露している。

「私は他の皆さんと同じように、すべてのことを普通にやります。(ピザ屋の人たちは)私がベン・アフレックだと思い込んでいて、ジェニファー・ロペス(アフレックの恋人)の調子はどうかと聞いてくるんです。ですから私は、“いいよ。最高だよ”と答えてピザを買って出て行きます。そうですね、(ライアン・ゴスリングとの)違いは簡単にわかりますよね。ライアン・ゴスリングは金髪で、ライアン・レイノルズは(放送禁止用語)ですから

放送禁止用語の部分で何を言いたかったのかは知る由もないが、最近、増えつつある白髪を自虐しているのだろうか。それはともかく、レイノルズ流のオフビートなユーモアが散りばめられたトークは、『デッドプール』シリーズの下ネタジョークを炸裂させるタイトルロールや『レッド・ノーティス』で演じたお調子者の美術品泥棒役が、彼にとって適役であることを改めて思い知らされる。

なお、2021年11月下旬には『レッド・ノーティス』の続編企画も報じられた。さらなる活躍でさらに知名度がアップすれば、ライアン・ゴスリングやベン・アフレックと間違われる頻度が少なくなるかもしれない。

Source:Dear Hank and John

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly