Menu
(0)

Search

『ローグ・ワン』ボーディー・ルック役のリズ・アーメッド、『スター・ウォーズ』プリクエル3部作は肯定派!「大きな問題があったとは思わない」

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の前日譚という特徴ゆえ、しばしばプリクエル3部作(エピソード1~3)と比較して語られる。しかし、ジョージ・ルーカス自身が監督したプリクエル3部作は、悲しいかなファンの間でも賛否が分かれている映画だ。『ローグ・ワン』を観たファンの中には、「プリクエルよりもはるかに面白い」という声すらある。

しかし『ローグ・ワン』に元帝国軍パイロットのボーディー・ルック役で出演したリズ・アーメッドは、現状のプリクエル3部作の評価に不満を抱いているようだ。

http://www.comingsoon.net/movies/trailers/775821-the-new-rogue-one-a-star-wars-story-trailer#/slide/38
http://www.comingsoon.net/movies/trailers/775821-the-new-rogue-one-a-star-wars-story-trailer#/slide/38

アーメッドは『ローグ・ワン』について、のちに人々が「“シリーズの型を破った映画”と言ってくれるのが望み」と話した。戦争映画に似た作風や撮影方法などで、『スター・ウォーズ』シリーズの新たな一面を切り拓いた自信があるようだ。この直後、プリクエル3部作に言及したインタビュアーに対して、アーメッドは自身の意見をはっきりと述べている。

――シリーズはいつも最高傑作だったわけではありません。プリクエルとか……

アーメッド: みんなはそう言うけど、ぼくはプリクエルに大きな問題があったとは全く思わないよ。いくつか目立ったところはあったな、ジャー・ジャー・ビンクスとか。キャラクターとして面白くなかったしね。でも、みんなにも問題はあったと思うよ。心が広くなかったし、頑固だったし、図々しかったと思う。僕は(プリクエルを)楽しんだんだ。成熟した政治劇で、国連の崩壊や世界大戦、ファシズムの台頭がテーマだったのが良かった。プリクエルも『クローン・ウォーズ』(アニメ)も本当に面白かったよ。正直言って、大きな問題はわからないな。

http://cinechew.com/defending-the-starwars-prequel-trilogy/
http://cinechew.com/defending-the-starwars-prequel-trilogy/

思えばプリクエル3部作は、1983年の『エピソード6/ジェダイの帰還』以来の『スター・ウォーズ』であり、映画を待ち望んでいたファンのハードルは非常に高かった。昨年公開された『フォースの覚醒』が、賛否は分かれたものの、プリクエル3部作よりもはるかに好意的に受け入れられた理由には、「プリクエルがあったしな……」という心理もあったことだろう。もし『ローグ・ワン』が最初から「エピソード3.9」という位置づけだったなら、ファンの反応もまた違っていたかもしれない。

また、アーメッドはこうも述べている。

アーメッド: 『スター・ウォーズ』の映画がもしも全て同じなら、きっとつまらないだろうな。それぞれの新作が、新しい側面を(シリーズに)付け加えることを願ってる。『ローグ・ワン』はまさにそれだと思うよ。

さて、読者の皆さんはプリクエル3部作をどう捉えているだろうか? 『ローグ・ワン』が話題を呼んでいる今だからこそ、予習復習を兼ねて、きちんとプリクエル3部作を見直してみることをお薦めしたい。「意外と面白かった」「やっぱりダメだった」どちらに転んでも、きっと映画体験として意義深いにちがいない。

source: http://screencrush.com/riz-ahmed-interview-rogue-one/
Eyecatch Image: https://moseisleychronicles.wordpress.com/2016/10/14/rogue-one-a-star-wars-story-photo-gallery/
http://www.starwars.com/news/star-wars-trailers-part-2-the-prequel-trilogy (remixed by THE RIVER)

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly