Menu
(0)

Search

『超時空要塞マクロス』シリーズなどの米版アニメ『ロボテック』が実写映画化 ─ 「ホークアイ」プロデューサーが監督に

※イメージ写真。作品とは関係ありません。

日本のアニメ製作会社タツノコプロ(当時・竜の子プロダクション)が手がけた人気アニメ『超時空要塞マクロス』シリーズなどのアメリカ版となる『ロボテック(原題: Robotech)』が実写映画化されることが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

『ロボテック』は、ハーモニーゴールドUSA社が日本のアニメシリーズ『超時空要塞マクロス』、『超時空騎団サザンクロス』、『機甲創世記モスピーダ』のライセンスを取得し、同一世界の異なる時代と世代を描き、連続するひとつの大河シリーズとして翻案・再編集した作品。20世紀末を舞台に、南太平洋の島に墜落したエイリアンの宇宙船の技術から人類が巨大ロボットを開発し、その技術を駆使して迫り来るエイリアンの侵略を阻止する作戦が描かれる。

アメリカで『超時空要塞マクロス』は『ロボテック:マクロス・サーガ(原題:Robotech: The Macross Saga )』、『超時空騎団サザンクロス』は『ロボテック:マスターズ(原題:Robotech: The Masters)』、『機甲創世記モスピーダ』は『ロボテック:ニュー・ジェネレーション(原題:Robotech: The New Generation)』のタイトルでリリース。各作品を1シーズンとし、1985年から3シーズンにわたって放送された。

米ソニー・ピクチャーズが製作する実写版映画で監督を務めるのは、マーベルドラマ「ホークアイ」(2021)で製作総指揮を務めたリス・トーマス。『アンチャーテッド』で共同脚本を担ったアート・マーカム&マット・ハロウェイが再タッグでペンを執り、「刑事★コムラッド ~同志に別れを~」(2017)『ピンチ・シッター』(2011)でコンビを組んだブライアン・ゲイトウッド&アレッサンドロ・タナカがリライトで参加。ハーモニー・ゴールドUSAもプロジェクトに携わる予定だ。現時点で本企画のプロットやキャスト、米国公開日などは発表されていない。

このシリーズは長らく実写映画化に向けた動きがあり、2007年にはワーナー・ブラザースと『スパイダーマン』トビー・マグワイアが権利を獲得したこともあった。

Source:Deadline

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly