Menu
(0)

Search

『ローグ・ワン』米国では『PG-13』に!13歳未満の鑑賞に保護者の同意が必要

公開まで一ヶ月を切った『ローグ・ワン/ スター・ウォーズ・ストーリー』から、制作舞台裏映像や監督と出演者のインタビューを収めた特別映像が公開された。

その映像の最後、『ローグ・ワン』のタイトルロゴが表示される部分をご確認いただきたい。

pg13

画面下部に、『PG-13』の表記があるのがおわかりいただけるだろうか。右部には「サイエンス・フィクションでの暴力・アクション場面を含みます。」と書かれている。

PG-13とは

PG-13とはアメリカ合衆国の映画審査機関MPAAが定めたレートで、13歳未満の子どもが鑑賞する際は、保護者の強い同意が必要ですよ、というもの。これはあくまで注意喚起であって、決して「13歳未満は視聴不可」という拘束力を持つものではないので、そう気にすることもないのも事実だが…。

『ローグ・ワン』は戦争映画のような激しい戦闘が描かれることが期待されるだけあって、ハードなシーンが含まれているのかと思いきや、そもそも本作はディズニー配給のため、大人が暴力的と感じるようなシーンはまずありえない。また、Wikipedia上にて『PG-13指定の映画一覧』を確認すると、いわゆる「一般的なアクション映画」もPG-13指定とされているのがわかる。ちなみに、『エピソード3 / シスの復讐』『エピソード7 / フォースの覚醒』もPG-13だ。

映画『ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日公開。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly