Menu
(0)

Search

『ミッション:インポッシブル』アレック・ボールドウィン、新作西部劇で悪名高きアウトロー演じる

アレック・ボールドウィン Alec Baldwin
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28246306070

『ミッション:インポッシブル』シリーズの俳優アレック・ボールドウィンが、アクション西部劇映画『ラスト(原題:Rust)』で出演・製作を務めることがわかった。米Deadlineなど複数のメディアが報じている。

ボールドウィン演じるのは、長きに渡って賞金首として生きてきた“悪名高き西部のアウトロー”、ハーランド・ラスト。ある日、疎遠となってしまった13歳の孫が殺人容疑で絞首刑を言い渡されてしまう。ラストはアメリカ・カンザス州に訪れて、孫を脱獄させることに成功するものの、伝説のアメリカ人保安官と賞金稼ぎから追われることに。決死の逃避行を通して、奥底に埋もれていた秘密が浮かび上がってくる中、相性の悪い二人の間に深い絆も芽生えていく……。

『ハンターズ・アドベンチャー』(2010)のジョエル・ソウザは、ボールドウィンと共に構築した原案を基に脚本・監督を兼任。製作にはボールドウィンの他、アクション・スリラー映画『Crown Vic(原題)』でもソウザ監督とタッグ経験のあるアンジュル・ニガムなどが就任している。

アレック・ボールドウィンは、「レッド・オクトーバーを追え!」(1990)で初代ジャック・ライアン役に起用されたことで瞬く間に有名となった。その後、マーティン・スコセッシ監督『ディパーテッド』(2006)、ウディ・アレン監督『ブルージャスミン』(2013)など名だたる巨匠監督が手掛ける作品に出演。近年では、スパイク・リー監督『ブラック・クランズマン』(2018)、エドワード・ノートン監督『マザーレス・ブルックリン』(2019)などがある。

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly