Menu
(0)

Search

アレック・ボールドウィン主演映画の撮影セットで銃弾の発射事故 ─ 撮影監督が死亡、監督も救急搬送

アレック・ボールドウィン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28246306070/

『ミッション:インポッシブル』シリーズなどで知られる、俳優アレック・ボールドウィンの主演映画『ラスト(原題:Rust)』の撮影現場にて、小道具の銃から銃弾が発射される事故が発生した。この事故によって、撮影監督のハリーナ・ハッチンス氏が死亡し、監督のジョエル・ソウザ氏が病院に搬送された。

事故が起きたのは、2021年9月21日の午後、ニューメキシコ州の都市・サンタフェの南部にある牧場「Bonanza Creek Ranch」。911への通報を受け、ニューメキシコ州警察が現場に急行したところ、ボールドウィンが小道具の銃から発射した銃弾が、ハッチンス氏とソウザ監督の二人に当たったことがわかった。二人はすぐに病院へ搬送されたが、ハッチンス氏はまもなく死亡が確認され、ソウザ監督は現在も治療を受けている。

Deadlineによると、ボールドウィンは小道具に入っている弾薬の種類を認識していなかったとのこと。警察はボールドウィンを一時取り調べたが、現在は解放しているという。本件について逮捕者は出ておらず、また書類送検もなされていない。なお、警察は捜査を続けており、目撃者への聞き取りを行っている。

事故の発生を受けて、製作チームの担当者は「製作は一時中断されています。キャスト&スタッフの安全を最優先いたします」とのコメントを発表した。

死亡したハッチンス氏は、2012年ごろから短編映画の撮影を多数手がけており、2019年に参加した長編ホラー映画『ダーリン』は日本でも2021年に劇場公開された。2019年には注目すべきアメリカ人撮影監督の一人に選ばれていたほか、ジョー・マンガニエロ主演『Archenemy(原題)』でも撮影監督を務めるなど、新鋭フィルムメーカーとして今後が期待されていた。

映画『ラスト』はアレック・ボールドウィン&ジェンセン・アクレスらが出演するアクション西部劇映画で、ボールドウィン演じる悪名高きアウトローと、殺人容疑で絞首刑を言い渡された孫の絆を描く物語。ボールドウィンは原案・製作も兼任している。

Sources: Deadline, Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly