Menu
(0)

Search

アーノルド・シュワルツェネッガー、『ターミネーター』新作撮影に合流 ― 撮影は2018年6月より開始済み

アーノルド・シュワルツェネッガー
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/7588449480/

映画『ターミネーター』シリーズの新作映画(正式タイトル不明)の撮影に、おなじみT-800役のアーノルド・シュワルツェネッガーが合流していることがわかった。撮影は2018年6月に開始されていたが、シュワルツェネッガーの参加状況は不明のままだった。

2018年7月26日(現地時間)、シュワルツェネッガーはフィジーのフランク・バイニマラマ首相に宛てたビデオメッセージを公開。地球温暖化や気候変動に関する、気候行動太平洋パートナーシップ(CAPP)のカンファレンス・イベントに欠席することを詫びるメッセージの中で、『ターミネーター』の撮影に参加していることを明かしている。

「フランク・バイニマラマ首相へ、今回のすばらしいイベントをお祝いしたいと思います。また、ご一緒できず申し訳ありません。私は『ターミネーター6(仮題)』の撮影をしているところで、そのためそちらへお伺いできないのです。そうでもなければ、すばらしいイベントですし、あなたも見事なリーダーシップを示されるでしょうから、きっとお伺いしていましたね。優れたお力をとても誇りに思います。あなたの行動すべてや、環境問題についてのすばらしいリーダーでいらっしゃることに感謝いたします。」

以前からシュワルツェネッガーは、『ターミネーター』新作の撮影が2018年6月から10月にかけて実施されることを明かしていた。ただし2018年3月にはシュワルツェネッガーが緊急心臓手術を受けており、撮影への影響も心配されていたのである。
冒頭に触れた通り、本作の撮影そのものは予定通り6月から開始されていた。ただし、シュワルツェネッガーの撮影への合流が予定通りだったかどうかはわからない。

ところでシュワルツェネッガーは、このビデオメッセージに髭を生やした姿で登場している。新作のT-800は髭をたくわえて登場することになるのか……?

シリーズ通算6作目となる『ターミネーター』新作では、プロデューサーにジェームズ・キャメロン、サラ・コナー役にリンダ・ハミルトン、そしてT-800役としてアーノルド・シュワルツェネッガーが『ターミネーター2』(1991)以来の集結をみせることで話題。同作の正統な続編として、『ターミネーター3』(2003)、『ターミネーター4』(2009)、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(2015)の3作品からは独立した物語が展開される。

なお新キャストには、主役級の登場人物ダニ・ラモス役にコロンビア出身の新鋭女優ナタリア・レイエス、その兄役にディエゴ・ボネータのほか、新ターミネーター役としてドラマ「エージェント・オブ・シールド」(2013-)のゴーストライダー役で知られるガブリエル・ルナ、人間の兵士・暗殺者役として『ブレードランナー 2049』(2017)のマッケンジー・デイヴィスが起用されている。

映画『ターミネーター』最新作(正式タイトル不明)は2019年11月22日に米国公開予定

Source: THE TERMINATOR FANS

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly