Menu
(0)

Search

「スーパーマリオ」ドンキーコング役に息子が選ばれ戸惑うセス・ローゲン母

ドンキーコング
Photo by - EMR - https://www.flickr.com/photos/emr9801/9097023459/in/photostream/

ハリウッドアニメ映画『スーパーマリオ』でドンキーコング役に起用されたセス・ローゲンに、母親のサンディ・ローゲンは戸惑っているようだ。2021年9月24日のキャスト発表後、サンディは自身のTwitterで困惑を綴っている。

本作は、『ミニオンズ』シリーズなどのスタジオ・イルミネーションと任天堂によって製作が進められている企画。マリオ役を『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『ジュラシック・ワールド』シリーズのクリス・プラットが演じるほか、ピーチ姫役にアニャ・テイラー=ジョイ、ルイージ役にチャーリー・デイ、クッパ役にジャック・ブラックと、キャストにはハリウッドから豪華かつ多彩な面々が揃った。

この顔ぶれに、「スーパーマリオ」に欠かせないドンキー役でコメディ俳優のセス・ローゲンが加わったわけだが、母親のサンディは、息子のキャスティングに素直に喜べなかったのだろうか。Twitterでこう記している。「私の息子がドンキーコングですって!なんて声をかけてあげれば良いか全くわかりませんでした」。

ドンキーコング役抜擢に、Instagramで「イッツミー、マーリオ」とひとまず言ってみる動画を上げたマリオ役のクリス・プラットとは違い、セスはSNSなどでの反応は見せておらず。この瞬間にも役作りのためにドンキーを研究しているのかもしれない。ドンキーといえば、NINTENDO64のゲーム「ドンキーコング64」内でのモンキーラップも有名だが、本作ではリズミカルなセスのラップも聞けたりして……?

ハリウッド版アニメ映画『スーパーマリオ』(正式タイトル未定)は2022年12月21日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly