Menu
(0)

Search

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』カレン・ギランとオークワフィナ、アクション・コメディで再タッグへ

Karen Gillan カレン・ギラン Awkwafina オークワフィナ
Photo by Casi Moss https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Awkwafina.jpg Photo by Gage Skidmorehttps://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d2/Karen_Gillan_%2834609339830%29_%28cropped%29_retouched.jpg |Remixed by THE RIVER

ジュマンジ/ネクスト・レベル』(2019)で共演を果たしたカレン・ギランオークワフィナが、新作アクション・コメディ映画『シェリー(原題:Shelly)』で再タッグを組むことがわかった。米Deadlineが報じている。

『シェリー』は、高校のプロムで屈辱的ないたずらを仕掛けられたシェリー・ウィーラー(オークワフィナ)が、街を出ていってから10年後の物語。この経験により、氷のように冷たい殺し屋の女へと変貌してしまったシェリーは、次の暗殺の標的が高校時代のいじめっ子ダイアナ・パーク(カレン)であることを知る。復讐の快感を楽しみに実行が待ちきれないシェリーだが、再会したダイアナは思いがけずも自分に親しくしてくれて、さらにはカッコいい仲間を紹介してくれることに。こうした中、シェリーはダイアナが別の殺し屋から狙われていることを知り…。報道によると、学園コメディ『ミーン・ガールズ』(2004)が、ブラックコメディ「バリー」(2018-)に出会ったような映画だと言われている。

原案・共同脚本は、アメリカ出身の脚本家・俳優マイケル・ドネガーが務める。メガホンを取るのは、「iゾンビ」(2015-)や「ヤング・シェルドン」(2017-)のエピソード監督など、主にTV作品を手がけるジュード・ウェン。製作には、『トランス・フォーマー』シリーズのイアン・ブライスと『6アンダーグラウンド』(2019)のケイティ・マロットが就任している。

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』以来、早くも再共演が実現することになるオークワフィナとカレンは、ともにハリウッドで引っ張りだこの女優。話題作『フェアウェル』(2019)でアジア系女優初となるゴールデングローブ賞主演女優賞を獲得したオークワフィナは、今後もマーベルの新作映画『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス(原題)』やディズニー実写版『リトル・マーメイド』に出演予定。一方、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ、ネビュラ役でおなじみのカレンは、同シリーズの続編ほか、暗殺者を演じるスリラー映画『Gunpowder Milkshake(原題)』への出演も控えている。

合わせて読みたい

Source: Deadline, Collider

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly