Menu
(0)

Search

広島の原爆描くノンフィクション、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』キャリー・フクナガ監督で映画化、脚本家が決定

Shockwave: Countdown to Hiroshima (P.S.)

監督作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公開を2021年に控えるキャリー・フクナガが、脚本に『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』などの戯曲で知られるトム・ストッパードを迎え、広島への原爆投下を描く映画を手掛ける。米The Wall Street Journalの取材で明らかになった。

原作はステファン・ウォーカーによる2006年のノンフィクション『Shockwave: Countdown to Hiroshima(原題)』原子爆弾の開発計画「マンハッタン計画」、ニューメキシコ州での「トリニティ実験」から、1945年8月6日朝、広島に「リトルボーイ」が投下され「核時代」突入に至るまでを、パイロット、科学者、被害者、そして世界の指導者たちの目線で描く。

『Shockwave』企画自体はユニバーサル・ピクチャーズのもとで2017年頃から温められていたものだ。製作には『レ・ミゼラブル』(2012)や『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(2017)など数々の作品を手掛けたティム・ビーヴァンとエリック・フェルナー。

キャリー・フクナガはこれまでに「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」(2014)シーズン1や「マニアック」(2018)「エイリアニスト」(2018)などドラマシリーズを主に手掛け、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』で大作映画に抜擢。今後には、スティーブン・スピルバーグ&トム・ハンクス製作による第2次世界大戦の戦争ドラマも決定している。

日本人の心に今も深く辛く刻まれた広島の原爆が題材とあって、ハードな内容になることは間違いない。日系アメリカ人のフクナガはいかに映画化するか。

あわせて読みたい

Source:The Wall Street Journal

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly