Menu
(0)

Search

広島の原爆描くノンフィクション、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』キャリー・フクナガ監督で映画化、脚本家が決定

Shockwave: Countdown to Hiroshima (P.S.)

監督作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公開を2021年に控えるキャリー・フクナガが、脚本に『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』などの戯曲で知られるトム・ストッパードを迎え、広島への原爆投下を描く映画を手掛ける。米The Wall Street Journalの取材で明らかになった。

原作はステファン・ウォーカーによる2006年のノンフィクション『Shockwave: Countdown to Hiroshima(原題)』原子爆弾の開発計画「マンハッタン計画」、ニューメキシコ州での「トリニティ実験」から、1945年8月6日朝、広島に「リトルボーイ」が投下され「核時代」突入に至るまでを、パイロット、科学者、被害者、そして世界の指導者たちの目線で描く。

『Shockwave』企画自体はユニバーサル・ピクチャーズのもとで2017年頃から温められていたものだ。製作には『レ・ミゼラブル』(2012)や『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(2017)など数々の作品を手掛けたティム・ビーヴァンとエリック・フェルナー。

キャリー・フクナガはこれまでに「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」(2014)シーズン1や「マニアック」(2018)「エイリアニスト」(2018)などドラマシリーズを主に手掛け、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』で大作映画に抜擢。今後には、スティーブン・スピルバーグ&トム・ハンクス製作による第2次世界大戦の戦争ドラマも決定している。

日本人の心に今も深く辛く刻まれた広島の原爆が題材とあって、ハードな内容になることは間違いない。日系アメリカ人のフクナガはいかに映画化するか。

あわせて読みたい

Source:The Wall Street Journal

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly