Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ』ルッソ監督&ケヴィン・ファイギも出演、「シンプソンズ」シーズン31のネタが危険

シンプソンズ
© 2019-2020 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)のアンソニー&ジョー・ルッソ監督、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長がゲスト出演する、米国史上最長寿のテレビアニメ最新作「シンプソンズ シーズン31」(全22話)が、2020年11月22日(日)午前7:30よりFOXチャンネルにて日本初放送となる。公開された予告編には、ディズニーによる21世紀フォックス買収後ならではの危険なネタが…!

「シンプソンズ」は1989年のスタート以来、世界 70カ国以上で放送されているコメディシリーズ。スプリングフィールドに住むシンプソン一家が繰り広げる奇想天外な日常生活には、家族や社会、政治などへの風刺やブラックユーモア、メッセージが込められ、長きにわたって熱狂的支持を受け、多数の受賞歴を誇っている。

日本初放送となるシーズン31の目玉となるのは、『アベンジャーズ』シリーズをネタにしたエピソード#14「Bart the Bad Guy(原題)」。劇場公開前のスーパーヒーロー映画を観たバートは、映画のネタバレを悪用しようと画策。プロデューサーはバートによってサプライズが台無しになることを未然に防ぐため、問題解決に向けて奔走するのだ。プロデューサー役をアンソニー&ジョー・ルッソ監督が演じ、さらにケヴィン・ファイギもサノスのパロディ・キャラクターで登場する。

そのほか豪華ゲストには、「クリミナル・マインド」(2005-2020)デヴィッド・ロッシ捜査官役のジョー・マンテーニャ、『ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌』(2020)などの重鎮グレン・クローズ、『オーシャンズ8』(2018)『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)のケイト・ブランシェット、「POSE/ポーズ」(2018-)のビリー・ポーターなど。ほかにも多くのゲストスターが登場する。

「シンプソンズ シーズン31」(字幕版)はFOXチャンネルにて2020年11月22日(日)放送開始(毎週日曜・午前7:30~8:30/午後8:00~9:00 ※ともに2話連続放送)。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly