Menu
(0)

Search

『シン・シティ』テレビシリーズ版の企画が進行中!仕掛け人は『ウォーキング・デッド』、原作者フランク・ミラーも参加

フランク・ミラーによる名作グラフィック・ノベル、『シン・シティ』のテレビシリーズ化企画が進行していることがわかった。実現すれば、2005年・2014年にロバート・ロドリゲス監督と原作者のミラー自身が映画化して以来、ふたたびの映像化となる。

仕掛け人は『ウォーキング・デッド』&『アンダーワールド』

Deadlineによると、テレビシリーズ版『シン・シティ』の企画を進行しているのは、映画版『シン・シティ』を製作したワインスタイン・カンパニー&ディメンション・フィルム(厳密にいえば映画版の第1作はワインスタイン・カンパニーの前身ともいうべきミラマックス社が製作している)。今回は原作のグラフィック・ノベルに忠実な映像化が目指されており、映画版には登場しなかったキャラクターや物語の時系列を採用することになるという。

テレビシリーズ版『シン・シティ』のクリエイターとして抜擢されたのは、ドラマ『ウォーキング・デッド』第1~3シーズンを手がけたグレン・マザラ。本作では脚本を執筆し、ショーランナーとしてシリーズをコントロールする。また映画『アンダーワールド』シリーズを手がけたほか、ドラマ『スリーピー・ホロウ』『LUCIFER/ルシファー』ではエグゼクティブ・プロデューサーとして手腕を発揮しているレン・ワイズマンが監督を務める。

なおエグゼクティブ・プロデューサーにはマザラとワイズマンのほか、映画版第2作『シン・シティ 復讐の女神』でプロデューサーを担当したステファン・ルルー、そして原作者であるフランク・ミラーが名を連ねている。もちろんワインスタイン・カンパニーのボブ&ハーヴェイ・ワインスタインも加わった盤石の体制だ。

しかしながらテレビシリーズ版『シン・シティ』は、現時点で放送局が決まっていない状況だという。きちんと描くなら、相当過激な表現をふんだんに用いた作品となることは間違いないだろう。実現を願いつつ、続報に期待したい。

Source: http://deadline.com/2017/05/frank-miller-sin-city-tv-series-glen-mazzara-len-wiseman-stephen-lheureux-1202104935/
Eyecatch Image: https://www.amazon.co.jp/シン・シティ-Blu-ray-ブルース・ウィルス/dp/B016CVP9YC/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly