Menu
(0)

Search

『スカイライン ­­-逆襲­-』予告編&ポスター公開 ─ 帰還した人類の救世主、エイリアンとのラストステージ開幕

『スカイライン ­­-逆襲­-』
© 2020 MPP-Cobalt Limited. All rights reserved.

SFアクションシリーズ『スカイライン』の最新作『スカイライン ­­-逆襲­-』が、2021年2月26日(金)より全国公開される。前2作より続く地球人とエイリアンの壮絶な戦いが遂に完結。公開に先がけ、予告編とポスタービジュアルが到着した。

この度公開された予告編では、わずか3日で地球を征服した未知の生命体との戦いの軌跡が前2作の映像とともに回想される。そして5年後、ついにエイリアン攻略の打開策を見出した人類の抵抗軍は、人類存亡の鍵を握るローズ(リンゼイ・モーガン)を呼び戻して敵の惑星“コバルトワン”に乗り込み、エイリアンのテクノロジーを破壊するミッションに取り掛かる。

タイムリミットは72時間。30億人の命を救うべく立ち上がった人類がエイリアンに仕掛ける規格外の逆襲バトルが、最新のVFX技術を駆使したド迫力の映像で繰り広げられる。地球、敵の惑星、そして宇宙空間で展開される肉弾バトルアクション。これらに加え、特殊能力を持つローズの腕から放たれる謎の光線やエイリアン同士の殴り合いなど、新たな要素を余すところなく詰め込んだ映像は、シリーズ完結にふさわしい迫力の仕上がりだ。

また、あわせて到着したポスタービジュアルでは、闇に潜む見えない敵と対峙するローズら人類の精鋭部隊と、まるで宇宙空間を覆い尽くすかのような存在感を放つエイリアンの姿が描かれている。壮大なエンディングを予感させる圧巻のビジュアルだ。

『スカイライン ­­-逆襲­-』
© 2020 MPP-Cobalt Limited. All rights reserved.

地球⼈を収穫するため⾶来したエイリアンの恐怖をスリリングに描いた『スカイライン-征服-』(2010)。その独創的なアイデアとアップテンポな語り⼝、迫真のビジュアルで観る者を圧倒し、低予算のインディペンデント作品ながら国際的に⾼い評価を獲得した。続く『スカイライン­-奪還­-』(2017)は、エイリアンと⼈類の関わりを解き明かし、侵略者に戦いを挑む“抵抗軍”のダイナミックなアクションを軸に展開。巨⼤マシンのスペクタクルなバトルを盛り込むなど更なるスケールアップを果たし、再び熱狂的な⽀持を得た。そして2021年、待望のシリーズ第3弾『スカイライン-逆襲-』が登場。前⼈未踏の宇宙を舞台に、⼈類vs.エイリアンのラストステージが幕を開ける。

スカイライン ­­-逆襲­-
© 2020 MPP-Cobalt Limited. All rights reserved.

15年前、地球に出現した宇宙船は、⻘い光を放出し⼤量の⼈間を吸い上げていった。エイリアン(ハーベスター =収穫者)の⽬的は、⼈類を資源に使うこと。⼈々は脳をサイボーグ(パイロット)に移植され奴隷として使われた。⻘い光の影響で特殊なDNAを持って⽣まれたローズは、宇宙船から逃れマークらと抵抗軍を結成。10年後、リーダーに成⻑した彼⼥はエイリアンの宇宙艦アルマダ船を打ち破りハーベスターは地球から姿を消した。

それから5年。ハーベスターは反撃の準備を整え、地球で暮らす30億ものパイロットを再び操りはじめるという。阻⽌するには⻘い光のパワーの源コアドライブを⽌めるしかない。残された時間は72時間。ローズは精鋭部隊やパイロットにされたマークの息⼦トレントらと、敵の拠点コバルトワンに向かった。謎の怪物たちの襲撃をかわしながらコアドライブを捜索する彼らの前に、ハーベスターのリーダーが現れる。一方、地球ではパイロットの群れが⼈々を襲い始めていた……。

スカイライン ­­-逆襲­-
© 2020 MPP-Cobalt Limited. All rights reserved.

主⼈公ローズを演じるのは、「THE 100/ハンドレッド」(2014-2020)でブレイクしたリンゼイ・モーガン。脇を固めるのは、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013)ジョナサン・ハワード、『ジョン・ウィック』(2014)ダニエル・バーンハード、「GOTHAM/ゴッサム」(2014-2019)アレクサンダー・シディグ、「ザ・ラストシップ」(2014-2015)ローナ・ミト ラ、「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011〜2019)ジェームズ・コスモ、『ザ・レイド』シリーズのヤヤン・ルヒアンが前作に続いて激しいアクションを⾒せつける。

製作は、『アバター』(2009)や『ランペイジ 巨獣⼤乱闘』 (2018)など数々の話題作を⼿がけてきたVFXクリエーターのグレッグ&コリンのストラウス兄弟。エイリアンのデザイン、造型は 『プレデター』(2010)『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)『ジュラシック・ワールド』(2015)などの⼤作に参加し、前作でも腕を振るったアラン・ホルトと、ハリウッド気鋭のクリエーターが集結した。

映画『スカイライン ­­-逆襲­-』は、2021年2⽉26⽇(⾦)新宿バルト9ほか全国公開。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly