Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:スパイダーバース』がアカデミー賞長編アニメーション賞を受賞

スパイダーマン:スパイダーバース

大いなる努力には、大いなる栄誉が伴う!

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』が、第91回(2019年)アカデミー賞の長編アニメーション賞を受賞した。数々の映画賞に輝いていた『スパイダーバース』が、オスカーを掴んだのだ。

プロデューサー&脚本家のフィル・ロードは発表の壇上にて、「プロデューサー、キャス ト、スタッフ、そして 800 人以上の映画作家たちがリスクを背負いながら努力しました。この作品を見た誰 かが、“これは自分の映画だ”と言ってくれたら嬉しい」と喜びのスピーチを行った。

アカデミー賞長編アニメーション賞は、2012 年~2017 年の過去 6 年、ディズニー/ピクサー作品が連続受賞。そんな中、世界各国で批評家・観客両方から大絶賛を受ける本作の受賞は、アカデミー賞史上に おいても快挙といえる。また、日本からノミネートされていた『未来のミライ』を抑えての受賞になった。ノミネート作品は以下の通りだった。

  • 『インクレディブル・ファミリー』
  • 『犬ヶ島』
  • 『未来のミライ』
  • 『シュガー・ラッシュ:オンライン』
  • 受賞:『スパイダーマン:スパイダーバース』
スパイダーマン:スパイダーバース
SPIDER-MAN: INTO THE SPIDER-VERSE

『スパイダーマン:スパイダーバース』は、革新的なアニメーションで、まるでコミックの紙面が華やかに動き回っているかのような次世代のアニメ体験が楽しめる作品。「『スパイダーマン』映画史上最高」と呼ばれている。既にゴールデン・グローブ賞(アニメーション作品賞)など数々の映画賞、アニメ作品賞に輝いており、下馬評通りの受賞となった。

晴れてオスカー受賞作品となった『スパイダーマン:スパイダーバース』は、2019年3月1日(金)・2日(土)・3日(日) IMAX先行上映。2019年3月8日(金)、堂々の全国ロードショー。

全部門の結果はコチラ

『スパイダーマン:スパイダーバース』公式サイト:http://www.spider-verse.jp/site/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly