Menu
(0)

Search

ハリウッド映画には欠かせない”特殊メイクアップアーティスト”の存在

0002
http://image.mmo-station.com/p/04/a4/04a49b29aa40d1c8762cb9731b5e50d4.jpg

ハリウッド映画の素晴らしさを語る上で、欠かすことのできないのが”特殊メイクアップ”ではないだろうか。
細部まで計算し尽くされたメイク術は圧巻である。

実際には存在しないものを、あたかも存在しているかの様に作り出す特殊メイクのエキスパートたち。
彼らの存在なくしてハリウッド映画がここまで世界中を魅了する事は出来なかっただろう。

特殊メイクは何もSF映画やホラー映画に限った事ではない。

ちょっとした傷でも本物の傷の様に仕上げたり、
顔色を良く見せたり病人の様に仕上げたり様々なシーンで目にする。
老人の深いしわなどもあまりのリアルさに驚かされる。

少し生々しい話にはなるが、
特殊メイクアップでの血液の色や質感はまさに本物と錯覚をするほどだ。

特殊メイクアップで忘れられないのが、
子供の頃家族で映画館に『E・T』を観に行った時、そのまま2本目も観る事にした。
するとそこで何の説明もされずに上映されたのが、「遊星からの物体X」というホラー映画だった。

すべて特殊メイクなのだが、あまりの気持ち悪さに気分が悪くなったのを覚えている。
その光景は今でも頭から離れない。(観たことない人は、閲覧注意覚悟で検索してみよう!)

意外にも特殊メイクが誕生したのは、映画が生まれた時と同じ時代だそうだ。
いい映画を作りたいという制作スタッフ達の情熱が、ここまで技術を発展させてきたのだろう。

最近はCGで映画を製作する事も多いが、
特殊メイクアップによるあのリアルな質感はCGで表現するのは難しいだろう。
このリアルさが相乗効果で映画を観ている観客は現実との区別がつきにくくなり、バーチャルな世界の中に現実を見る事ができる。
これが観客を引き付けて止まない要因の1つではないだろうか。

ハリウッドの第一線で活躍する日本人メイクアップアーティストがいる?

実はハリウッドの特殊メイクアップの世界で活躍する日本人はとても多い。
日本人は手先が器用というのも大きいだろう。
また日本人は細やかな神経の持ち主でもある。
特殊メイクアップは日本人の繊細さを最大限に生かせる職業の1つかもしれない。

日本人の特殊メイクアップアーティストと言えば、江川悦子氏が有名だろう。

0002
http://mud.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/index.html

彼女の活躍で、日本人の手先の器用さが世界に知れ渡った、とも言えるかもしれない。

ハリウッドでこの仕事に就くには、特殊メイクアップの技術を学ぶ必要はあるが、
江川氏によれば、ハリウッドだからと特別な目で見る必要はないそうだ。

ハリウッドはとてもオープンな世界と江川氏。
もっとも必要なのは、前へ一歩飛び込む勇気・・・だろうか。

Source:
ハリウッドで宇宙人をつくる日本人??
特殊メイクアップアーティスト 江川悦子さん

Eyecatch Image:
https://www.flickr.com/photos/vancouverfilmschool/5137690960

Writer

Tags

Comment

  1. ハリウッド映画には欠かせない”特殊メイクアップアーティスト”の存在 – ORIVER cinema (ブログ) https://t.co/62Y5FYxB9O

  2. @eiga_news_TL

    ハリウッド映画には欠かせない”特殊メイクアップアーティスト”の存在 – ORIVER cinema (ブログ) https://t.co/eRRknMaPwD

  3. ハリウッド映画には欠かせない”特殊メイクアップアーティスト”の存在 – ORIVER cinema (ブログ) https://t.co/GdItQ2n1Oy

  4. @hirosh373

    ハリウッド映画には欠かせない”特殊メイクアップアーティスト”の存在 https://t.co/IiOGXbnIGa

  5. ハリウッドで活躍する日本人の”特殊メイクアップアーティスト”の存在 https://t.co/UwfaMUkX2E

  6. @make_up_matome

    ハリウッド映画には欠かせない”特殊メイクアップアーティスト”の存在 – ORIVER cinema (ブログ) https://t.co/jgcbQQ6YF2 https://t.co/lbqK41ReyR

Ranking

Daily

Weekly

Monthly