Menu
(0)

Search

『スパイダーマン3』ヴェノム役、『ノー・ウェイ・ホーム』に「出てる」宣言 ─ でも話の内容がむちゃくちゃな模様

『スパイダーマン3』のヴェノム/エディ・ブロック
CREDIT: Sony Pictures/Photofest 写真:ゼータイメージ

サム・ライミスパイダーマン3』(2007)でヴェノム/エディ・ブロックを演じたトファー・グレイスは、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に出演しているらしい。えっ、そうなの?

「ここだけの話にしてほしいんですけど、僕出てるんですよ」とグレイスは米ネット掲示板のAMA企画(日本で言う所の『◯◯だけど質問ある?』)に書き込んでいる。『ノー・ウェイ・ホーム』は禁断のマルチバースが開かれるとされる物語で、別世界であるライミ版シリーズからドクター・オクトパスやグリーンゴブリンが登場する模様。これにかこつけて、グレイスもヴェノム役で出演しているというのだが、彼の説明する筋書きはこうだ。

「物語はピーター・パーカー(トム・ホランド)が正体をバラされて、ドクター・ストレンジがヤバい事態を起こし、ドクター・オクトパス(アルフレッド・モリーナ)がこの次元に出現するところから始まります。そしてエレクトロやグリーン・ゴブリンも“エナジー・サークル”から飛び出してきて、“スパイダーを叩き潰す時が来た”と言うんです。」

登場人物は報じられている面々だし、あながちありえなくもない展開である。そこから、グレイスはこう続けている。

「そこでトム・ハーディと僕が飛び出してきて、2人で戦って、僕が勝つんです(当たり前だよね)。いや、戦うってほどでもなくて、僕が彼のケツを速攻で蹴るんですけどね。」

ははーん、グレイス、ふざけているな。そろそろ確信できるはずだが、これはグレイスが全力で遊んでいる書き込みである。その証拠に、グレイスはこんなトンデモ展開を説明しているのだ。

「あんまりバラしたくないんですけど、1970年代のオリジナルのスパイダーマンの役者も登場して、アクアマンとバットマン(キートンじゃなくてアフレックのほう)もクロスオーバーする。それからディズニーのおかげで、『スカイウォーカーの夜明け』の時のハン・ソロの霊や、『ウォーリー』のイヴまで出る。繰り返しになるけど、ここだけの話にしてね。」

それにしてもトファー・グレイス、DCユニバースのクロスオーバー事情や『スター・ウォーズ』ネタまで盛り込んでくるとは、かなりのポップカルチャーファンのようだ。とどめの『ウォーリー』(2008)、なかなか絶妙なチョイスである。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のUS公開は2021年12月なのでまだしばらく先だが、こうしてあれこれ話している期間も楽しいものだ。

あわせて読みたい

Source:reddit

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly