Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』日本、動員100万人突破 ─ 全米では『タイタニック』抜いて歴代6位に

『スパイダーマン』シリーズ最新作、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』がついに1月7日(金)に公開を迎え、日週末土日2日間(1月8日~9日)で動員583,916人、興行収入905,036,630円となり、動員・興収ともにコロナ禍における洋画邦画含む実写映画として圧倒的No.1の大ヒットスタート

2022年1月7日よりついに日本公開を迎えたスパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームが大ヒットスタートだ。週末土日2日間(1月8日~9日)で動員583,916人、興行収入905,036,630円となり、動員・興収ともにコロナ禍における洋画邦画含む実写映画として第1位スタートを切ったことがわかった。

公開初日1月7日(金)から1月10日(祝・月)までの4日間の累計成績は、動員1,115,937人、興収1,691,681,940円。早くも動員100万人を突破している。

全米では、公開4週目末(1月7日~9日)もNo.1を継続。全米における累計興行収入は6億6,835万6,116ドル(約769億円)となり、『タイタニック』を抜いて全米累計興行収入の歴代6位に。

1月9日(日)までの全米以外の海外では、累計興行収入8億6,750万ドル(約998億円)。全米および海外の成績を合計した全世界累計興行収入は15億3,585万6,116ドル(約1766億円)となり、『アベンジャーズ』を抜いて全世界累計興行収入の歴代8位に浮上。全米におけるオープニング3日間の興行成績が『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を抜いて歴代2位でスタートした本作は、公開からわずか4週間にして映画界の歴史に残る驚異的な快進撃を続けている。

日本でのヒットを記念して、スパイダーマン/ピーター・パーカーを演じたトム・ホランドのインタビュー映像も到着。驚きと興奮、感動が詰まった本作だが、ホランド自身は「2回観たけどまだ観足りてない」とコメント。その通り、何度でも観たくなる本作を、劇場で思いっきり堪能しよう。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は大ヒット公開中。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly