Menu
(0)

Search

トビー・マグワイア版スパイダーマン、ホットトイズでフィギュア化 ─ 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』より

© 2022 MARVEL © 2022 CPII

大いなる力には、大いなる責任が伴う。スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームより、トビー・マグワイアが演じるスパイダーマン(ピーター2)のホットトイズフィギュアが登場だ!親愛なる隣人がついに帰ってきた。

© 2022 MARVEL © 2022 CPII

全高約30センチ、30箇所以上が可動するハイエンドな1/6スケールのフィギュアとして立体化。ヘッドは2種が付属。1つ目は、マスクを着用したヘッド。2つ目は、新規造形となる、演じるトビー・マグワイアの肖像権をクリアした、ピーター・パーカーの素顔のヘッドだ。皮膚の質感や皺、髪型等を再現するため、一つひとつハンドペイントによる塗装が施されている。

© 2022 MARVEL © 2022 CPII

新規で開発したコスチュームは、レッドとブルーの伸縮性に富んだスーツ、立体的なシルバーのウェブパターン、シンボルである蜘蛛のマークなど、ディテールや素材にこだわり抜き、質感に至るまで精巧な仕上がりだ。

© 2022 MARVEL © 2022 CPII
© 2022 MARVEL © 2022 CPII

アクセサリーとして、手に持たせられるマスク、サンドマンを治すための治療薬が付属。また、多彩な形状のスパイダーウェブや、ウェブの先に取り付けることで展開状態を再現できるエフェクトパーツが付いてくる。指差しをするものをはじめとした、豊富な差し替え用ハンドパーツを併せて使用すれば、数多くのシチュエーションを演出することができる。

© 2022 MARVEL © 2022 CPII

台座は、蜘蛛のマークや映画のロゴがデザインされた特別仕様。自由にフィギュアの保持位置を変更できるフレキシブル・ピラーを採用しているので、ウェブ・スウィングする姿など、スパイダーマンならではのアクションシーンを楽しむことが可能だ。

 

© 2022 MARVEL © 2022 CPII
© 2022 MARVEL © 2022 CPII

デラックス版は、サンドマンのジオラマ台座と、警告板のジオラマパーツが付属。サンドマンの巨大な顔や手、崩れかけた建造物など、細部に至るまで精巧に造形している。

© 2022 MARVEL © 2022 CPII
© 2022 MARVEL © 2022 CPII
© 2022 MARVEL © 2022 CPII

台座は自由にフィギュアの保持位置を変更できるフレキシブル・ピラーを採用しているので、ウェブ・スウィングする姿など、スパイダーマンならではのアクションシーンを楽しむことが可能だ。

© 2022 MARVEL © 2022 CPII

発売概要

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
1/6スケールフィギュア フレンドリー・ネイバーフッド・スパイダーマン

© 2022 MARVEL © 2022 CPII
発売 2024年1月発売予定
定価 45,000円(税込)/トイサピエンス予約価格:40,500円(税込)
サイズ 高さ約30センチ
可動ポイント 30箇所
付属品(アクセサリー) 差し替え用ヘッド、マスク、治療薬、スパイダーウェブ(×6)、スパイダーウェブ用エフェクトパーツ、差し替え用ハンドパーツ(×10)、特製台座
取扱店 ホットトイズ フラッグシップ・ストア「トイサピエンス」ほか https://www.toysapiens.jp/item/200024573000.html

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
1/6スケールフィギュア フレンドリー・ネイバーフッド・スパイダーマン(デラックス版)

© 2022 MARVEL © 2022 CPII
発売 2024年1月発売予定
定価 65,000円(税込)
サイズ 高さ約30センチ
可動ポイント 30箇所
付属品(アクセサリー) 差し替え用ヘッド、マスク、治療薬、スパイダーウェブ(×6)、スパイダーウェブ用エフェクトパーツ、差し替え用ハンドパーツ(×10)、ジオラマパーツ(×2)、ジオラマ台座
取扱店 ホットトイズ フラッグシップ・ストア「トイサピエンス」限定ほか
※ボーナスアクセサリー付きは「トイサピエンス」限定
https://www.toysapiens.jp/item/200024575000.html
あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly