Menu
(0)

Search

シルベスター・スタローン、ドラマでマフィア役として主演交渉中 ─ テイラー・シェリダン&テレンス・ウィンター製作総指揮

シルベスター・スタローン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/7588423560/

『ロッキー』『エクスペンダブルズ』シリーズなどでおなじみのハリウッドスター、シルベスター・スタローンがドラマシリーズ「カンザスシティ(原題:Kansas City)」にて主演・製作総指揮として交渉中であることがわかった。

Deadlineによるとスタローン演じる本作の主人公、サルはイタリア系の犯罪組織の一員として君臨する男。ある日、サルはニューヨークからカンザスシティという思いも寄らぬ場所への移住を余儀なくされる。伝説的存在として崇められてきたマフィアのサルは、近代化された遠慮知らずの町で自身の犯罪組織を再興させるという任務を任される。そこでサルは、権力への道を突き進む中、疑うことを知らない謎の男と出会い……。

製作総指揮にはスタローンのほか、『ウィンド・リバー』(2017)のテイラー・シュリダン、「ザ・ソプラノズ」(1999-2007)のテレンス・ウィンターが名を連ねている。シュリダンは、『ボーダーライン』シリーズの脚本家としても知られる逸材だ。一方、「ザ・ソプラノズ」を率いてきた脚本家、ウィンターはショーランナーを兼任する。

ちなみにスタローンはドラマとして、「刑事コジャック」(1973-1978)をはじめ、「Police Story(原題)」などに登場したことがあるほか、「THIS IS US/ディス・イズ・アス」シーズン2では本人役として出演しているが、「カンザスシティ」はスタローンにとってドラマ界への本格進出作となる見込みだ。契約が締結することを祈るばかりである。

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly