映画『スター・ウォーズ』さらなる3部作の製作が決定!脚本・監督は『最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン

米ルーカスフィルムは、映画『スター・ウォーズ』シリーズのさらなる3部作を製作することを発表した。これは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)に始まった「新3部作」とは別物として、今後新たに始動するものだ。

StarWars.comによると、2020年以降の3部作は「スカイウォーカー・サーガとは切り離された」ストーリーとなり、新たなキャラクターが登場するという。いまだ『スター・ウォーズ』で描かれていない物語が紡ぎ出されるようで、1977年『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に始まった長い物語とは趣の異なる作品群になるものとみられる。

この新たな3部作の第1作で脚本・監督を務めるのは、シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を手がけたライアン・ジョンソン。今回の声明のなかでもディズニー/ルーカスフィルムはライアン監督の才能を絶賛しており、ますます新作の完成度には期待がかかるばかりだ。
なお、ライアン監督がデビュー作『BRICK ブリック』(2005)から『最後のジェダイ』までタッグを組んできたプロデューサー、ラム・バーグマン氏も新たな3部作に携わるという。

ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長は、今回の発表に際して以下のコメントを発表している。

「『最後のジェダイ』におけるライアンとの仕事は素晴らしいものでした。創造力を持つ彼が、『最後のジェダイ』を初めから終わりまで作り上げる様子を見ていることは、私のキャリアにおいて大いなる喜びのひとつだったのです。新しい3部作の何も描かれていないキャンバスでも、ライアンは最高の仕事をしてくれることでしょう。」

またライアン監督とラム氏は、以下の声明を共同で発表した。

「『最後のジェダイ』において、私たちはルーカスフィルムやディズニーとの共同作業で最高の時間を過ごしました。『スター・ウォーズ』は現代最高の神話であり、そこに貢献していることを非常に幸運に思います。映画の新たなシリーズを継続することを心から楽しみにしています。」

この新しい3部作が、2019年公開『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』以降を描くものになるのか、まったく別の時間軸を舞台とする物語になるのかはわからない。劇場公開も2020年以降になるとみられるが、具体的な時期は不明だ。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国ロードショー
ジョージ・ルーカス、J.J.エイブラムスに次いで『スター・ウォーズ』を描き出す、新たな才能のデビュー戦を見逃さないように!

Source: http://www.starwars.com/news/rian-johnson-writer-director-of-star-wars-the-last-jedi-to-create-all-new-star-wars-trilogy
©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。