【あくまで非公式発表か】『スター・ウォーズ』TVドラマ版ウワサの真相 ルーカス・フィルムと米ABCが協議中?

アメリカのテレビ局・ABCが、ルーカス・フィルムとテレビ版『スター・ウォーズ』に関する話し合いを進めていることがわかった。これはABCエンターテイメントの社長であるチャニング・ダンジー氏が明らかにしたものだ。

あくまで非公式発表か?

エンターテイメント・ウィークリー誌は、『スター・ウォーズ』のテレビ版を製作する意思について尋ねられたダンジー氏は以下のように語ったと報じている。

ファンとしては、喜んで『はい』と言いたいですね。ルーカス・フィルムとはこれまでも話し合いを重ねてきましたし、またこれからも続けていきます。(『スター・ウォーズ』の)ブランドを私たちの番組に広げられたら素晴らしいと思います」

「(話し合いの内容は)秘密です。ルーカス・フィルムはものすごい秘密主義の会社で、マーベルに比べても段違いなんですよ。話し合いは進んでいます。ただし言えることはありません」

ダンジー氏はルーカス・フィルムとの協議については認めたものの、あくまで「ファンとして」と発言していること、それ以上の言及を避けていることを鑑みれば、ABCが『スター・ウォーズ』のテレビ版について言明したとは捉えづらい状況だ。実際にダンジー氏は、プロジェクトがドラマかどうかについて聞かれても回答していない

ただしエンターテイメント・ウィークリー誌は、すでに『スター・ウォーズ』のテレビアニメが存在することを理由に、ABCのプロジェクトがテレビドラマであると推測している。

アニメ・シリーズのひとつ『スター・ウォーズ 反乱者たち』。シーズン3も決定済み! http://lucasfilm.com/star-wars-rebels

アニメ・シリーズのひとつ『スター・ウォーズ 反乱者たち』。シーズン3も決定済み!
http://lucasfilm.com/star-wars-rebels

もっともドラマ版『スター・ウォーズ』は、以前よりルーカス・フィルムが水面下で計画を進めていたプロジェクトだ。2013年には『スター・ウォーズ/アンダーワールド(仮題)』というプロジェクトが報じられたが、すでに50話ぶんの脚本が完成していたにもかかわらず、テレビでは不可能な予算規模だとして実現が見送られている

現在ABCが協議しているテレビ版『スター・ウォーズ』も、おそらく相当な大規模プロジェクトになるものと予想される。そもそもがスケールの大きいシリーズだけに、いかにも低予算ドラマらしい仕上がりになる事態だけは避けてほしいところだ。

source:http://www.ew.com/article/2016/08/04/abc-star-wars-series
http://www.ew.com/article/2013/01/10/star-wars-live-action-tv-series-3
http://www.comingsoon.net/tv/news/753747-star-wars-tv-show-eyed-at-abc#/slide/1
Eyecatch Image:http://www.theverge.com/2014/5/12/5711780/star-wars-episode-7-wont-feature-wedge-antilles-actor

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。