【保存版】スターウォーズのUSトイ・グッズストアBEST3 in 東京

現在のアメコミ映画黄金時代以前にも、過去日本では断続的にアメコミブームやそれに伴う、USトイブームが訪れたことがありました。最初期はスターウォーズ一作目やリチャード・ドナー版『スーパーマン』の頃でしょうか。筆者が記憶に新しいところでは90年代中頃、突如沸き起こったイメージコミックス『SPAWN』を契機にしたアメコミブーム。原作者のトッド・マクファーレンが同時期に立ち上げたマクファーレントイズの当時としては画期的にハイクオリティなフィギュアシリーズの人気もあいまって、都内にもUSトイをメインに扱うお店がポコポコと出来ました。

ただ、ブームというものはいつか終わるもの。2002年のサム・ライミ版『スパイダーマン』のスマッシュヒットを最後に、国内のアメコミ、USトイブームは次第に沈静化してしまい、2008年クリストファー・ノーラン監督『ダークナイト』の大ヒットを待たず、都内にもたくさんあったアメコミ・USトイショップの多くは閉店・縮小の憂き目にあいました。筆者自身、何度行きつけのショップの『閉店のご挨拶』の貼り紙を前に涙したかわかりません。

今回ご紹介するのは、そんな時代の荒波にも負けず、マニア心を刺激するアイテムを僕らに提供し続けてくれている都内のUSトイショップ、中でもスターウォーズ関連商品が充実している店舗を3つ厳選してご紹介します。ここでご紹介する以外にも、数は多くはありませんが頼もしいお店はまだまだありますのでそちらは次の機会にご紹介します。また、他の地域のお住いの皆様、筆者が東京在住なもので、自分で訪れたお店しかご紹介できない都合上、『また東京の話かよ』と思われる向きもあるかと思いますが何卒ご容赦下さい。

上野 RED MERCURY

上野 RED MERCURY

http://www.redmercury.co.jp/shop/shopinfo.php

以前はアメ横センタービル内に所在していたのですが、現在は移転してアメ横からほど近い雑居ビルの4Fにお店を構えておられます。中央通り沿いにあるヨドバシカメラとABABという上野のアイコン的な建物に挟まれたブロック、上野なのに『ヨコハマチケット』という名前の金券ショップがコーナーにある脇道に、お店が入居しているビルがあります。築年数が割と経っていると思われるビルの入り口に立つと、最上階である4階まで一直線に割と急な階段が伸びています。足腰の弱い方、お齢を召した方は心の準備、事前の入念なストレッチは必須でございます。ちなみに来客用エレベーターはございません。エピソード7の最後の場面、ルークを探し求め山道を登るレイになった気持ちがもれなく味わえる粋なアトラクションと捉えましょう。

試練を乗り越えてお店までたどり着くと、店内は小さな入口から想像もしないくらい広く、その広い店内に整然と商品が並べられております。品揃えは全体の6割がスターウォーズ、3割がトランスフォーマー、残りの1割がその他アメコミ関連商品といった感じ。スターウォーズはやはりkennerのカードフィギュア、ハズブロの6インチやビークル、サイドショウの1/6スケールなどが充実しています。廃版となった商品も在庫しているので、思わぬレアモノに巡り合うこともしばしば。
筆者はトランスフォーマーの玩具に詳しくはないのですが、トランスフォーマーマニアの方の間でも知らぬ者はいないお店なんだそうです。上野駅至近、東京観光のついてでとしても立ち寄りやすいかと。また上野にはヤマシロヤという、銀座の博品館や、表参道のキディランドと並んで東京の3大トイショップというべき玩具店もありまして、そちらもスターウォーズ関連商品が大充実していますので併せてどうぞ。

Red Mercury 上野店 店舗情報

〒110-0005 東京都台東区上野4丁目 小出ビル 2 4f
営業時間:11:00~21:00(年中無休)
公式サイト:http://www.redmercury.co.jp/shop/shopinfo.php

高円寺 STARCASE

こちらは、スターウォーズといえば、真っ先に名前が挙がる超有名店。JR高円寺駅北口をでて、商店街を進み、突き当たって左に曲がると正面に見えるのビルの2Fに所在しています。階段を上って入口に立つと店内は薄暗く、入るのに少し勇気がいりますがオーナーの片桐さんは、とても紳士的で優しい方ですので、安心してください。こちらのお店は、SW率100パーセント。SWコレクターの間では知らない者はいない程、品揃えがマニアックで、その特異さは世界でも5本の指には入りそうです。その証拠に、SW好きのハリウッドの映画関係者や俳優たちも来日の際に、こちらのお店を訪れることで有名で、エピソード7のJJエイブラムス監督も、何回も来店されているそうです。まさに日本におけるスターウォーズの聖地。

所せましと並べられた商品は、廃版商品や、販促アイテムなど一筋縄では手に入らない商品も多く、まるでスターウォーズ博物館です。探しているアイテムがこのお店に無ければ、日本の何処にも無いかもしれません。またJR高円寺駅周辺には、豆魚雷さんという同じく海外作品フィギュアが充実しているトイショップや、『すごろくや』という海外のボードゲーム専門店など、サブカル的に嬉しいお店がたくさんあります。一駅隣にはオタクの魔窟『中野ブロードウェイ』もありますので、よりディープな東京観光が楽しめるかと思います。

STAR CASE 店舗情報

〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3丁目25−25 166 0002 丁目
OPEN :13:00~19:00
定休日 火曜日
公式サイト:http://www.starcase.jp/shopinfo/shopinfo.html

恵比寿 Monster Japan

http://www.monster-japan.co.jp/hpgen/HPB/shop/shopguide.html

http://www.monster-japan.co.jp/hpgen/HPB/shop/shopguide.html

前述した時代の荒波にも負けず、しかも『恵比寿』という都内の一等地で、長らくマニアを支えてくれているUSトイショップの雄、『モンスターJapan』。こちらもJR恵比寿駅至近、交番の前の交差点を渡ってすぐの商店街の中にあります。

この商店街の駅から入ってすぐのところには、昔『MR.CRAFT』という輸入玩具屋さんの大きい店舗があったのですが、こちらは時代の流れに逆らえず数年前に閉店してしまいました。もとい、しばらく商店街を歩いて行くとJR恵比寿駅を背にして左側に目的地はあります。でっかく『Monster Japan』とネオンサインがあるので入口はわかりやすいですが、こちらも店内までは3フロア分階段を登ります。エレベーター?ありませんよ?そんな文明の利器ばっかり使っているとフォースの暗黒面に堕ちてしまいますからね。

お店のフロアにつくと、多くの場合エントランスでワゴンセールをやっています。思わぬ商品が驚きの価格になっていたりするので、特に買うものがなくても立ち寄りたくなります。店内は、スターウォーズだけでなく、マーベルやDC他、ホラー映画関連商品などがバランスよく配置されています。お店のスタッフも若いイマドキな感じの方が何人もいる感じが『恵比寿』っぽさとでもいいましょうか。渋谷エリアにはすっかりこの手のお店は少なくなってしまったので、現在ではとても貴重なショップといえます。

モンスタージャパン 店舗情報

〒150-0021 東京都渋谷区 恵比寿西1丁目6−1
OPEN :12:30~20:30
定休日 火曜日
公式サイト:http://www.monster-japan.co.jp/hpgen/HPB/shop/shopguide.html

About the author

1977年生まれ。週刊少年ジャンプ脳のクリーチャー愛好家。玩具コレクター。エンドレスダイエッター。「意識低い系」の文章を信条としています。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。