Menu
(0)

Search

アニメ「スター・ウォーズ:ビジョンズ」シーズン2、2023年春に帰ってくる

スター・ウォーズ:ビジョンズ
(C)2021 TM & c Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

2021年にDisney+より配信された短編アニメシリーズ「スター・ウォーズ:ビジョンズ」が、Volume 2/シーズン2として2023年春に帰ってくる2022年5月29日(現地時間)、3年振りの開催となったイベントスター・ウォーズ・セレブレーション」にてアナウンスされた。

『スター・ウォーズ』生みの親、ジョージ・ルーカスは日本の神話をはじめ、黒澤明監督の映画から多くの影響を得たと公言しており、それらは『スター・ウォーズ』のテーマやストーリー、キャラクターすべてに、日本文化との繋がりが脈々と受け継がれている。その創造の原点である日本のアニメスタジオと、『スター・ウォーズ』がタッグを組んだのが、2021年にスタートしたプロジェクト「スター・ウォーズ:ビジョンズ」だ。世界最高峰の作品を送り出してきた日本のアニメクリエイターたちの“ビジョン”から、『スター・ウォーズ』の物語が描かれた。

「スター・ウォーズ:ビジョンズ」Volume 2の詳細の多くは伏せられたままだが、公式発表によると、前作に引き続き日本をはじめ、インドイギリスアイルランドスペインチリフランス南アフリカ、そしてアメリカ・カリフォルニアのクリエイティブ・チームが集結し、新たなる物語が紡がれるとのことだ。「世界中の素晴らしいアニメーションのセレブレーションとなる」と、米ルーカスフィルムのフランチャイズ・コンテンツ&ストラテジーのシニア・バイス・プレジデント、ジェームス・ワウが本作への期待を寄せている

かつてない世界観に多くの視聴者が魅了された「スター・ウォーズ:ビジョンズ」。前シーズンでは、神風動画、キネマシトラス、サイエンスSARU、ジェノスタジオ、スタジオコロリド、トリガー、プロダクションI.Gというアニメスタジオが参加していたが、Volume 2にていずれかのスタジオが帰還するかのかは不明だ。

Source: Star Wars

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly