新スター・ウォーズのストームトルーパーのデザイン、アップルに影響を受けた事が明らかに

アップルのデザインリーダー、ジョニー・アイブ氏がスターウォーズ フォースの覚醒の監督を務めるJJ.エイブラムスに対し、「新しい十字型ライトセーバーのデザインは、もっと不完全な方が良い」といった主旨のアドバイスをし、実際にその案が取り入れられたストーリーは話題を呼びましたが、 リデザインされたストーム・トルーパーのコスチュームデザインも、Appleの影響を受けていることがわかりました。

スターウォーズのコスチュームデザイナーであるマイケル・カプラン氏が、Vanity Fair誌のインタビューに以下のように答えました。 「ストームトルーパー(のデザイン)は、シンプル化を行いました。ほとんど、“アップルだったらどうするか?”という事を考えました。JJ監督は、ひと目でストームトルーパーだと分かるようなデザインでありながら、今までとは違う感じで、ファンがエキサイトするような新デザインを望んでいたんです。」   つまり、新しいストームトルーパーのデザインは、「もしアップルがデザインしていたらどうなっていたか?」というコンセプトのコスチュームになっているという事です。

たしかにスッキリとしたミニマルデザインは、アップルのデザインアイデンティティとの親和性も高いですね。 このコスチュームのどこかにアップルのロゴが入っていても、あまり違和感がないかもしれません(笑) ストームトルーパー1 フォースの覚醒のストームトルーパー ストームトルーパー3 ストームトルーパー2

About the author

新年は飛躍の一年にしたい。毎年言ってます。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。