Menu
(0)

Search

「ストレンジャー・シングス」スピンオフが正式始動 ― オリジナルと「1000%異なる」作品に

ストレンジャー・シングス
Netflixシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」シーズン4 Vol.1:独占配信中、Vol.2:2022年7月1日(金)独占配信開始

ストレンジャー・シングス 未知の世界」(2016−)のシーズン4が記録的ヒットを飛ばす中、かねてから噂されていた実写版スピンオフが動いていることが判明した。米Deadlineが報じている。

クリエイターのダファー兄弟は、同シリーズでおなじみ‟裏側の世界(Upside Down)”を冠した会社Upside Down Picturesを設立し、複数の新たなNetflixプロジェクトに取り組むという。その内の一つである「ストレンジャー・シングス」スピンオフ・シリーズは、ダファー兄弟のオリジナルアイディアを基に、Upside Down Picturesと21 Lapsがプロデュースを担当する。

では、一体どのような内容になるのだろうか。これまで同シリーズのスピンオフ企画については、イレブン役のミリー・ボビー・ブラウンが率いるという噂や、ダスティン役のゲイテン・マタラッツォがスティーブ&ダスティンの物語に意欲的であることが報じられてきた。しかし、ダファー兄弟はポッドキャストHappy Sad Confusedに出演した際、次のシリーズはオリジナルと「1000%異なる」ことを強調している。

「後に続くものではありません……イレブンのスピンオフがあるとか、スティーブとダスティンのスピンオフがあるとか、別のナンバーになるとか、そんな噂を読んだことがあります。そういったものは、僕にとって面白くありません。僕たちはそのすべてを探求するために、何時間費やしたかわからないのですから。全く違いますよ。」

以前ダファー兄弟は、マイク役のフィン・ウォルフハードがスピンオフ企画のコンセプトを正確に言い当てたことを明かしているが、詳しい内容はいまだベールに包まれたまま。ポッドキャストによるとオリジナルとの共通点は「ストーリーテリングの感性」であり、「『ストレンジャー・シングス』の世界とつながるストーリーもあるけれど、それよりも、そのストーリーをどう伝えるかが重要」とだけ明かしている。

なお、スピンオフはダファー兄弟が舵を取るわけではなく、「上手くいけば、僕らが新しいことをしている間に、バトンを渡すのに適した人を見つけられるかもしれない」と、別のショーランナーに任せる可能性を明らかにした。シーズン5がオリジナルキャラクターたちとの最後の別れになるのは寂しいが、ダファー兄弟が「本当にワクワクしている」と語るスピンオフの続報を期待して待ちたい。

Source: DeadlineHappy Sad Confused

Writer

Kyoko
KyokoKyoko Okajima

アメリカ留学、大手動画配信サービスの社員を経て、ライターに転身。海外ドラマが大好きで、永遠のNo.1は『ブレイキング・バッド』と『ベター・コール・ソウル』。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly