Menu
(0)

Search

【ネタバレなし】映画『スーサイド・スクワッド』クイックレビュー

DCエクステンデットユニバースシリーズ第3弾。「スーサイド・スクワッド」。
「マン・オブ・スティール」「バットマンVSスーパーマン」ときて、よもやの第三弾でこれが出てくるとは驚くばっかり。

最速レビュー&見どころをネタバレナシでお送りしよう。

とにかく、予告編やビジュアルが新しく出てくるたびに一喜一憂させてくれたが、それでもまだまだ全容はわからない。
「バットマンVSスーパーマン」のあのラストの語りから始まり、新たな危機対策として、犯罪者=ヴィランによる特殊チームを結成する流れがスピーディーに語られる。

やはりビッグスターのウィル・スミス演じるデッドショットとビジュアル担当のハーレイ・クインの出番が多めだが、他のヴィランもみな特徴とキャラが立っているので、かなり目立つ。

そしてそして、予告編に登場していこうどういう絡み方をするのかと期待と不安が入り乱れていたのが、ベン・アフレック演じるバットマンとジャレッド・レト演じる新ジョーカーの立ち位置。(追贈も含めると映画版ジョーカーは三代続けてオスカー俳優!?)

実は、公開されたビジュアルに結構なヒントが多かったなというのが見てからの感想になるが、イメージ通りの部分もあれば、うまいことミスリードされたなぁという部分もあって、思わず“こう来たか!!”という部分もたっぷり。

  • そもそも、スーサイド・スクワッドの任務とは何なのか?
  • 今回のラスボスはだれなのか?
  • バットマンとジョーカーはどう絡むのか?
  • 今後の「ワンダー・ウーマン」へと続くユニバースの展開は?

映画自体はクライムアクションに抜群の信頼を置けるデヴィット・エアーなので、心配無用。あれこれ予想を網を拡げて準備万端で見るもよし、純正娯楽大作として気軽に席に着くもよし、夏休みは終わるが、映画の楽しみはまだまだ続く。

そして、もう一つの楽しみは音楽。アメリカではサントラも大ヒット中だが、ある場面では“あの”バットダンスまで流れるサービスぶりでこちらも要注目だ。

映画『スーサイド・スクワッド』日本公開は9月10日(土)。

Writer

OsoneRampo≒村松健太郎
OsoneRampo≒村松健太郎村松 健太郎

≒村松健太郎。脳梗塞との付き合いも10年目。 映画祭の審査員、映画学校を手伝い。シネマズBY松竹にて執筆も。 映画を広げるのに便利な舞台とか本とかも・・・・。黒手袋て杖をついていれば私です、

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly