『スター・トレック』新作で人気キャラが突然ゲイ設定に!オリジナル版俳優と脚本家、サイモン・ペグが論争へ突入

J.J.エイブラムス製作による『スター・トレック』シリーズの新作が大きな論争を巻き起こしている。理由は、メインキャラクターのひとり、U.S.S.エンタープライズ号のパイロットであるヒカル・スールーに、実はゲイだったという設定が突然追加されたからだ。

はじまりは俳優のインタビュー

ヒカル・スールーがゲイという設定が明らかになったのは、『スター・トレック』(2009年)からヒカル・スールーを演じているジョン・チョーのインタビューだった。

オーストラリアのHerald Sun誌に対して、チョーは「(『スター・トレック BEYOND』の)スールーには同性のパートナーと娘がいる」と話したのだ。彼は、「(ゲイであることを)大きなこととして扱わないアプローチが好きだよ。登場人物たちは種族として、個人の性指向を政治的な問題にはしないんだ」とも述べている。

http://www.cbs8.com/story/32394618/john-cho-reveals-sulu-is-gay-in-star-trek-beyond-heres-how-fans-are-reacting

http://www.cbs8.com/story/32394618/john-cho-reveals-sulu-is-gay-in-star-trek-beyond-heres-how-fans-are-reacting

チョーによると、スールーをゲイ設定にすることを決めたのは脚本のサイモン・ペグと監督のジャスティン・リンだという。ふたりはオリジナル版『スター・トレック』シリーズでスールーを演じたジョージ・タケイに敬意を表す意図でスールーをゲイ設定にしたようだ。タケイは2005年に自身がゲイであることをカミングアウトし、2008年に男性と結婚した人物である。

しかしスールーがゲイ設定というニュースが報じられてすぐ、当のジョージ・タケイ本人がこの設定を痛烈に批判した。

オリジナル版の俳優を無視した?

ジョージ・タケイは、『スター・トレック』の生みの親であるジーン・ロッデンベリーと親交が深かった。オリジナル・テレビシリーズ『宇宙大作戦』でアメリカのテレビで初めて異人種同士のキスシーンを放送するなど、挑戦的なドラマを製作していたジーンについて、タケイは「LGBT(レズ・バイ・ゲイ・トランスジェンダー)の平等を強く支持する人物だった」と話す。

しかし『スター・トレック BEYOND』でのスールーの設定変更に関しては、タケイは「不幸なことに、徹底的に考え抜かれたジーンの創作をねじ曲げたもの。本当に残念です」とコメントした。タケイによれば、ジーンはスールーを異性愛者だと考えていたという(シリーズの作品にはデモラという娘も登場する)。

http://www.hollywoodreporter.com/news/george-takei-reacts-gay-sulu-909154

http://www.hollywoodreporter.com/news/george-takei-reacts-gay-sulu-909154

スールーにゲイ設定が追加されることをタケイが知ったのは、ジョン・チョーからの連絡が最初だった。知らせを受けたタケイはチョーに対して、スールーではなく別のキャラクターを作るよう訴えたようだ。

「スールーじゃなくて、ゲイとしての歴史をもったキャラクターを想像して生み出してほしい。ずっと異性愛者だったスールーが突然カミングアウトするってことは、本当はずっとゲイを隠していたってことだ」

ジョーからの連絡の後、タケイはジャスティン・リン監督から「スールーをゲイ設定にすることが決まった」と知らされた。ここでもタケイは監督に反対意見を表明している。

「『スター・トレック BEYOND』は、『スター・トレック』の50周年を記念して公開される映画だ。50周年を記念して、半世紀もの間アイデアを私たちにもたらしてくれたジーン・ロッデンベリーに敬意を払ってほしい。彼を称えて、新しいキャラクターを作るんだ」

そして数カ月後、タケイのもとにサイモン・ペグからメールが届いた。そこには、LGBTの権利を守るタケイの活動や『スター・トレック』での功績を賛美する文面があったという。タケイは「監督がペグに話をしてくれた」と喜び、「スールーのゲイ設定が見直されることを確信した」と述べている。

しかし、結果はタケイの意志に反するものだった。チョーがインタビューで語った通り、スールーにはゲイの設定が追加されたのである。

サイモン・ペグの反論

もっとも、スールーの設定をめぐる論争はタケイの批判で終わったわけではない。今度はサイモン・ペグが反論したのである。

ペグは「僕はジョージ・タケイをとても愛しているし尊敬している。彼のハート、勇気、ユーモアに感化されているんだ」と述べつつ「しかし、僕らのスールーに対する彼の考えには謹んで反対したい」という。

http://www.huffingtonpost.co.uk/2015/01/22/star-trek-sequel-reboot-third-movie_n_6522238.html

http://www.huffingtonpost.co.uk/2015/01/22/star-trek-sequel-reboot-third-movie_n_6522238.html

「彼(タケイ)は正しい。残念だよ。何が残念って、SF映画の『すべてを包み込む寛大な宇宙』に今までLGBTのキャラクターが登場しなかったことだ。僕らには新しいゲイのキャラクターを生み出すこともできる。でもそのキャラクターは、彼らがどういう人物かではなく、主にセクシュアリティで定義された『ゲイ・キャラクター』として受け止められるだろう。それは形だけの平等主義じゃないか?」

「ジャスティン・リン、ダグ・ユング(共同脚本)、そして僕がこのアイデアを気に入ったのは、(スールーが)すでに知られたキャラクターだからだ。観客はキャラクターを人間として受け止めて、すでに意見を持っている。どんな偏見の影響も受けない。彼らの性指向はキャラクターを定義するものではなく人物のひとつの側面なんだ。また観客も、『スター・トレック』の世界に初めからLGBTが存在したと思うだろう。だからゲイのヒーローは新しくも珍しくもない。それに、スールーがゲイを隠していたんだと思わせないことも大切だ。どうして彼がそんなことしなきゃいけない? 今まで話題にされなかっただけだよ」

またペグは、現在の『スター・トレック』新シリーズがオリジナル版とは別の世界観である可能性も示唆した。

「僕らの『スター・トレック』は、別のディテールの、別の時系列さ。なにか魔法のようなものが、僕らの時系列ではスールーのセクシュアリティを変えたんだ。別の現実が無限に連なった『仮の宇宙』がたくさんあるっていう、このアイデアが僕は好きでね。僕らはみんなどこかの宇宙ではLGBTなんだよ

あなたはヒカル・スールーがゲイという設定には賛成だろうか、それとも反対だろうか。ジョージ・タケイがワガママを言っていると見るか、サイモン・ペグが詭弁を弄しているとみるか。いずれにしても、50年目にして『スター・トレック』の歴史が変わろうとしているのは確かだ。

『スター・トレック BEYOND』は、日本では2016年10月21日公開

source:
https://www.theguardian.com/film/2016/jul/08/simon-pegg-defends-gay-sulu-after-george-takei-criticism
http://www.hollywoodreporter.com/news/george-takei-reacts-gay-sulu-909154
http://www.heraldsun.com.au/entertainment/movies/star-trek-beyond-favourite-mr-sulu-has-come-out-as-castmates-reflect-on-the-death-of-anton-yelchin/news-story/51909410e4e465f825470c4dfbcc17ec

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • ハリポタのあのキャラも!?LGBTへの理解が映画キャラにまで及んでた | entameblog.site 2016年11月20日 at 5:40 AM

    […] 出典『スター・トレック』新作で人気キャラが突然ゲイ設定に!オリジナル版俳優と脚本家、サイモン・ペグが論争へ突入 | oriver.cinema […]

    Reply