Menu
(0)

Search

アメコミ映画成功の秘訣はホラー映画にあり?サム・ライミだけじゃない、ホラー出身の監督たちの共通点

“愛を知る全人類に捧ぐ”アメコミ映画。それらを手掛ける監督たちの多くにはある共通点があるのをご存じだろうか。

『スパイダーマン』のサムライミ監督が死霊のはらわたを手掛けたのは有名だが、『アベンジャーズ』のジョス・ウェドン監督はキャビン、『バットマンVSスーパーマン』のザック・スナイダー監督はドーン・オブ・ザ・デッド、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズガン監督はスリザーと、彼らにはみなホラー映画の監督経験がある。

共通点は肉体変化

彼らの撮るホラーは肉体変化である。この肉体変化の演出がヒーローがスーパーパワーを手にする葛藤や悲壮感に繋がっているのではないだろうか。例えば、ガン監督のスリザーでは(ヨンドゥ役でおなじみ)マイケル・ルーカー演じる男がエイリアンに寄生され巨大ナメクジ男へと変貌する様が描かれている。変貌した彼が愛し続けた女性にとどめを刺されるラストは見ているこちらも悲しくなってくる。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でも軽い作風の中にアライグマに改造されたロケットに見え隠れする悲壮感は作品に深みを持たせている。

スパイダーマン:ホームカミングに抜擢されたジョンワッツ監督もデビュー作はクラウンという、父親がピエロの怪物に変化するホラー映画である。どこにでもいる平凡な人間が、変化を起こす自身の肉体に恐怖を抱いたり、周囲の人間との関わりに神経質になったりする様子は蜘蛛に噛まれたピーターパーカーそのものではないだろうか。

このように、アメコミ映画とは一見異なったジャンルに感じられる要素こそが、我々がヒーロー達を単なる超人としてだけでなく同じ人間として共感し応援し続ける理由となっているのではないだろうか。だからこそ、これらの演出に長けた監督たちは現代のスタン・リーの如く私たちに愛と正義を伝えてくれるのだろう。

ガン監督の映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は2017年5月12日、ワッツ監督の『スパイダーマン:ホームカミング』は同年8月11日日本公開である。彼らがどんな肉体変化を描くのか今後とも見逃せない。?

Eyecatch Image:http://www.imdb.com/title/tt1780798/mediaviewer/rm3314094080

Writer

露木
露木

私の体はサム・ライミ版『スパイダーマン』で出来ている。 

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly