Menu
(0)

Search

「スーパーナチュラル」サム役ジャレッド・パダレッキ、ファン&共演者にお別れライブ配信「気持ちの整理を」

ジャレッド・パダレッキ
https://www.facebook.com/JaredPadalecki/videos/1588288784707217

人気“超常現象”ドラマスーパーナチュラル(2005-)完結編となるシーズン15の後半(第14話〜)が、2020年10月8日(現地時間)より米国で放送開始となった。この前日となる7日、本シリーズでサム・ウィンチェスター役を演じるジャレッド・パダレッキが自身のFacebookでライブ配信を投稿。共演者、製作陣、そしてファンに対して15年間の感謝を伝えている。

パダレッキは自宅からライブ配信を行った模様。「シーズン15の撮影が終わってからもう4週間になります」と時の早さを実感している様子で、「とってもほろ苦いですね(very bittersweet)」と心境を伝えた。

15年間続いた本シリーズに対しては、「大好きな作品や思い入れの深いキャラクターに別れを告げることに気持ちの整理をつけてきました」と話すパダレッキ。どこか完結を惜しむ姿を見せながらも、今後の歩む道に前向きな姿勢を見せてもいる。

「今は、『スーパーナチュラル』や僕の相棒サム・ウィンチェスターがいない中で、次に何をするか、僕は誰なのかを考えています。たくさんの愛や思いやりをもらっていて、今もまだ(終わりに)慣れようとしています。」

本映像内でも言及されているが、パダレッキは「スーパーナチュラル」後の次回作が決定済み。1993〜2001年に米CBSで放送された「炎のテキサス・レンジャー」のリブート作品となる米CW局ドラマ「Walker(原題)」だ。同シリーズでは主演を務めるパダレッキ。撮影は2020年10月中旬の開始が見込まれており、まもなく新たなキャリアを進み始めることになる。

「スーパーナチュラル」ファンにとっては、それこそ「ほろ苦い」思いなのかもしれないが、映像でパダレッキはライブ視聴者に「You Difine You(“自分を決めるのは自分”といった意味)」という言葉を紹介。この言葉に込めた思いとして、「何も約束されていない僕たちの人生で、自分が誰かを決めるのは自分次第。どうなりたいかは自分で決めるんです」と話し、決意を新たにした。

「スーパーナチュラル」シーズン15後半となる第14話以降は、2020年10月8日より米放送開始。最終話の第20話は11月19日に放送予定だ。

あわせて読みたい

Source: Jared Padalecki

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly