『スター・ウォーズ in コンサート 2018』初日プレミア公演レポート ─ 極上の鑑賞体験がここに

この日、東京オペラシティに詰めかけた1,000人超の観客の中には、もう何十回、何百回と『スター・ウォーズ』を観てきたという者も多かっただろう。しかし、生のオーケストラと共に大画面で鑑賞するのは初めて、というのが大半のはず。

『スター・ウォーズ inコンサート』JAPAN TOURが、2018年7月29日(日)に東京オペラシティ コンサートホールにてスタートした。

使用されるスクリーンは500インチ。ファンにとって、『スター・ウォーズ』クラシック三部作が大画面で上映されるだけでも足を運ぶ価値がある。そこに90人編成のオーケストラが、上映に合わせながらジョン・ウィリアムズのスコアを生演奏してくれるのだ。『スター・ウォーズ』鑑賞として贅を極めた、映画+ライブの複合型エンターテインメントである。

この日は『新たなる希望』(1978)『帝国の逆襲』(1980)『ジェダイの帰還』(1983)の三部作を1日かけて一挙上演する、わずか1,150席限定のプレミア特別公演。三部作一挙上演は世界中で日本だけの特別企画だ。チケット価格は32,700円と高額ながら即日完売だったという。筆者はこの日、『ジェダイの帰還』を鑑賞することができた。

これ以上ないスター・ウォーズ体験を

定刻、東京フィルハーモニー交響楽団と、指揮のニコラス・バックが万雷の拍手の中登場。20世紀フォックスのファンファーレも生演奏で聴ける貴重さと歓びは、ファンなら語らずともご理解いただけるだろう。

一瞬の静寂。壇上のオーケストラがメイン・タイトルを響かせる。斬り裂く、とか、解き放つ、と言うのが正しいだろう。第一音が、鉄球のごとく重厚感と共に、遥か彼方の銀河系から眼前まで飛来する。

スター・ウォーズ in コンサート レポート

PHOTO:星野麻美 Presentation licensed by DISNEY CONCERTS in association with 20th Century Fox, Lucasfilm and Warner/Chappell Music. © 2018

演奏者の頭上を、オープニングクロールの文字が流れ過ぎてゆく。ルーク・スカイウォーカーは── 卑劣な悪党ジャバ・ザ・ハットから── 友であるハン・ソロを救うため──……。指揮者のタクトが理力めいた不思議な魔力を帯び始めた頃、オーケストラは緻密かつ大胆な演奏術で、スペース・オペラの優美を会場に招く。

やがて、インペリアル・シャトルがデス・スターに到着する。ベイダー卿がお出でだ。司令官に伝えよ!機械の呼吸音は、天然木で設計された変形ピラミッド型のオペラシティコンサートホールには馴染まず、それがかえって不気味さを強調する。
このヴィランが登場するたび、オーケストラの一団が帝国のマーチを高らかに奏でる。今、目の前で、ダース・ベイダーが空間を支配しているのだ。この場にいる全ての観客が、もう一度ベイダーに恐怖している。威圧されている。

スター・ウォーズ in コンサート レポート

PHOTO:星野麻美 Presentation licensed by DISNEY CONCERTS in association with 20th Century Fox, Lucasfilm and Warner/Chappell Music. © 2018

シネマ・コンサートという企画は、スクリーンと観客席を隔てる「第四の壁」の定義を打ち消している。オープニングのメインタイトルが響く頃、観客の意識は間違いなくオーケストラの生演奏に向かっていた。ところがダース・ベイダーが現れた瞬間、オーケストラの一団はまるでこの暗黒卿のために従えられたかのように感じられる。
かと思えば、ルークやレイア、銀河の運命が大きな転換を迎える場面では、スクリーンと物語から放たれる神秘性を、旋律に変えて観客の心奥に直接手渡ししてくるし、ランド艦隊が第二デス・スターに突撃すると、まるで軍楽隊のように戦闘意識を掻き立ててくる。

オーケストラは、「第四の壁」のこちら側にいるのか、それとも向こう側にいるのだろうか?考えていくと、その答えはフォースに導かれていることに気付く。ヨーダによれば、フォースとはあまねく生命や物体を取り巻くもの。「お前とわしの間にもある」「地面とあの戦闘機の間にも」と言った。

ヨーダの教えの通り、スクリーンと観客席の間にも、フォースがあるのだとしたら。オーケストラの存在や演奏そのものが、フォースのうえに成り立っていたのではないか。そういうことであれば、筆者の胸を震わせ、涙を誘ったのは、フォースそのものに違いなかった。「嘘だ!」と思うのなら、その身で体感してほしい。『スター・ウォーズ in コンサート』は、以下の日程で開催される。

 

「スター・ウォーズ in コンサート・ジャパン・ツアー」公演日程

スター・ウォーズ in コンサート

PRESENTATION LICENSED BY DISNEY CONCERTS in association with 20th Century Fox. Lucasfilm and Warner/Chappell Music. © 2018 & TM LUCASFILM LTD. ALL RIGHTS RESERVED

『新たなる希望』(1977)上演

8月4日(土) 大阪・フェスティバルホール 17:00開場 / 18:00開演
8月5日(日) 大阪・フェスティバルホール 13:00開場 / 14:00開演
8月8日(水) 名古屋国際会議場センチュリーホール 18:00開場 / 19:00開演
8月9日(木) 静岡・アクトシティ浜松 大ホール 17:30開場 / 18:30開演
8月12日(日) 東京国際フォーラム ホールA 【昼公演】12:00開場 / 13:00開演 【夜公演】17:00開場 / 18:00開演
8月16日(木) 札幌・ニトリ文化ホール 18:00開場 / 19:00開演
8月19日(日) 仙台・東京エレクトロンホール宮城 大ホール 16:00開場 / 17:00開演
8月21日(火) 福岡サンパレス コンサートホール 18:00開場 / 19:00開演
9月1日(土) 東京国際フォーラム ホールA  【昼公演】12:00開場 / 13:00開演  【夜公演】17:00開場 / 18:00開演

『帝国の逆襲』(1980)上演

9月2日(日) 東京国際フォーラム ホールA 12:00開場 / 13:00開演

『ジェダイの帰還』(1983)上演

9月2日(日) 東京国際フォーラム ホールA 17:00開場 / 18:00開演

各公演チケット価格(税込):S席 9,800円 / A席 7,800円 ※3歳未満入場不可

指揮:ニコラス・バック
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団

コンサート公式サイト:http://starwars-jp.com/concert/

ギャラリー

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。