『スター・ウォーズ』6作品、サントラCDリマスター版が登場!5月4日米国発売、ミニポスター付き

映画音楽の巨匠ジョン・ウィリアムズが手がけた、映画『スター・ウォーズ』シリーズ6作品のオリジナル・サウンドトラックCDがリマスター版として米国で再発売される

このたびリリースされるのは、オリジナル3部作の『新たなる希望』(1977)、『帝国の逆襲』(1980)、『ジェダイの帰還』(1983)、そしてプリクエル3部作である『ファントム・メナス』(1999)、『クローンの攻撃』(2002)、『シスの復讐』(2005)のサウンドトラック。
オリジナル盤の演奏はロンドン交響楽団が務め、今回のリマスター作業は、『ファントム・メナス』以降の映画シリーズに携わってきたサウンドエンジニアのショーン・マーフィー氏、およびルーカスフィルムの音響制作部門スカイウォーカー・サウンドが担当した。

リマスター版ではアートワークが一新されるほか、それぞれにコレクタブル・ミニポスターが付属する仕様だという。ポスターのデザインは不明だが、ジャケットはシリーズのロゴを中心に統一感を持たせた、まさにコレクションにふさわしいデザインといえそうだ。『スター・ウォーズ』公式サイトにて確かめてほしい。

なお、リマスター版サウンドトラックCDは、いずれも2018年5月4日(スター・ウォーズの日)に米国で発売される
本記事でご紹介したのはすべて米国盤の情報であり、日本盤のリリースは不明。米国からの輸入盤は日本でも購入できるので、実はサウンドトラックを持っていない…という方は、この機会に検討してみては?

Source: Star Wars
©Twentieth Century-Fox Film Corporation Photographer: John Jay 写真:ゼータ イメージ

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。