Menu
(0)

Search

超戦車アクション『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』予告編 ─ 戦車1台・捕虜4人・砲弾6発でナチス軍と対決せよ、ロシア最高のヒット作が日本上陸

T-34 レジェンド・オブ・ウォー
© Mars Media Entertainment, Amedia, Russia One, Trite Studio 2018

ロシア国内で観客動員800万人超え、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)を超えるぶっちぎりのNo.1メガヒット。超絶ダイナミック戦車アクション映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』より、2019年10月25日(金)の日本公開に先がけて新たな予告編&ビジュアルが到着した。究極の戦車戦、映画館で体感せよ!


第二次大戦下、ソ連の新米士官イヴシュキンは初めて出撃した前線で戦いに敗れ、ナチス・ドイツ軍の捕虜となった。戦車の指揮官であるイヴシュキンは、ナチスによる戦車戦演習のため、ソ連の最強戦車T-34を操縦するよう命令される。捕虜の仲間たちと隊を組むイヴシュキンだったが、演習では弾を装備することはおろか、ナチスの戦車軍から逃げ回ることしかできない。命令に背いても、立ち向かっても、そこに待っているのは“死”のみ。しかしイヴシュキンは、仲間のため、そして収容所で出会った愛する人のため、無謀な脱出計画を実行に移す!

このたび公開された予告編は、冒頭からいきなり戦車同士の熾烈な闘いが展開。砲弾がギリギリの距離で交差する瞬間や、重厚感あふれる戦車が急発進する場面など見どころの連続だ。第二次世界大戦下のナチス収容所、主人公であるソ連軍・戦車士官のイヴシュキンに、ナチス戦車隊の鬼将校・イェーガーは告げる。「捕虜の中から戦車兵を組織しろ、T-34に乗って我が軍と対決するのだ」。ナチスによる軍事演習の標的となるイヴシュキンは、「私を連れていって」と口にするヒロインにも出会い、命がけの作戦に臨む。

砲弾が2両の戦車を射抜くスローモーション、戦車が車をなぎ倒してドリフト旋回するシーン、車内で砲弾が炸裂する場面、そして戦車の爆発・炎上。革新的かつダイナミックな映像には、インド映画『バーフバリ 王の凱旋』(2017)のVFXを手がけたFilm Direction FX社をはじめ、ロシア最先端の映像技術が凝縮された。さらに、ソ連軍の戦車「T-34」はすべて本物の機体が使用され、役者自らが操縦を担当している。

第67回アカデミー賞外国語映画賞受賞『太陽に灼かれて』(1994)のニキータ・ミハルコフ監督がプロデュースを担当した本作は、ロシア映画史上最高のオープニング成績を記録したほか、最終興行収入40億円超、800万人動員という驚異的な記録を叩き出して全露No.1の社会現象的メガヒット。観客のド肝を抜く〈戦車アクション・エンターテインメント〉が、遂に日本に上陸する。

T-34 レジェンド・オブ・ウォー
© Mars Media Entertainment, Amedia, Russia One, Trite Studio 2018

映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』は2019年10月25日(金)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly