Menu
(0)

Search

クエンティン・タランティーノ、映画理論・批評本を米刊行 ─ 70年代作品に焦点、個人的な逸話も盛り込む

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ジャパンプレミア レッドカーペット
© THE RIVER

『レザボア・ボックス』(1991)『パルプ・フィクション』(1994)、『キル・ビル』シリーズをはじめ、個性的なキャラクターが繰り広げる大胆なストーリー展開で強烈な作品を生み出し続けているクエンティン・タランティーノ。鬼才の名を欲しいままにする監督が、2022年10月25日に自身の映画理論・批評を綴った書籍『Cinema Speculation』を米出版することが明らかとなった。

Indie Wireによると、本著は若き映画ファンとしてタランティーノが観賞した、鍵となる1970年代の映画に焦点を当てた内容となるという。知的で鋭い洞察力、そして陽気でエンターテイメント性を兼ね備えたスタイルで、映画理論と批評、レポートや個人的な逸話がタランティーノ独特の切り口で綴られるとのこと。映画という芸術の最も偉大なクリエイターの一人である監督だからこそ可能な、稀有な視点で映画について執筆されていると紹介されている。

タランティーノがメガホンを取った映画で70年代のテイストが前面に押し出された作品には、『ジャッキー・ブラウン』(1997)や『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)などがある。映画監督の道を志したタランティーノが大きな影響を受けた作品が取り上げられていることは間違いないだろう。

なお、『Cinema Speculation』の邦訳版の発売については未定。タランティーノ監督は、2021年6月に『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の小説版を刊行したが、現時点で邦訳版は出版されていない。よって、『Cinema Speculation』の邦訳版がリリースされるとしても、しばらく先のことになりそうだ。

『Cinema Speculation』は2022年10月25日に米国出版予定。

Source:Indie Wire

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly