Menu
(0)

Search

クエンティン・タランティーノ、『TENET』を観た感想は「もう一度観る必要がある」

クエンティン・タランティーノ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19702707206/

『インセプション』(2010)『インターステラー』(2014)など、時間と空間を操る映画を得意とする天才監督のクリストファー・ノーラン。『TENET テネット』(2020)では時間の逆行が題材となっており、ノーラン監督史上最も難解とも称されたが、どうやらクエンティン・タランティーノにとっても一度ではとうてい理解できないような品物だったようだ。

Cinema Blendのインタビューにて、『TENET』を観た感想を問われたタランティーノは、「もう一度観る必要があると思います(笑)。もう一度観る必要があると思います」と答えている。2回も同じことを繰り返すほど、1回目の鑑賞では理解が追いつかなかったようだ。その理由が多くの観客と同様に、複雑な時間軸を理解するのが困難だったからかは定かでないが、『ダンケルク』(2017)を観たときと同じような感想を抱いたのだという。

「『ダンケルク』は3回目を観るまでは本当に理解したとは思えませんでした。最初に見たときは、どう判断するべきかも分からなかったんです。もちろん楽しむことはできましたけど、あまりにも大きな体験だったので、映画であることさえ認識できていなかったかもしれません。3回目を観たときには、彼らが常に時間を遡っていたことにやっと気付いたほどです。つまり、あまりにも衝撃的な体験だったので、少なくとも2回は観たのですが、3回目にしてついに理解することができました。」

『ダンケルク』を深く理解するために3回も観たということは、それよりも難解と言われている『TENET』の場合、それ以上の回数を重ねる必要があるということかもしれない。ちなみに、タランティーノが最終的に両作品を気に入ったのかは定かでないが、『ダンケルク』に関しては、2010年代のお気に入り作品のひとつとして挙げていたことからも、少なくとも同作は絶賛という評価で間違いなさそうだ。

Source:Cinema Blend

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly