Menu
(0)

Search

チャニング・テイタム、中国の人気コミック『ゾンビ・ブラザー』実写映画製作へ ─ SFホラー要素入りの冒険コメディ

チャニング・テイタム
Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/6851535588/ )

『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2018)や『マジック・マイク』シリーズで知られるチャニング・テイタムが、米STXエンターテインメントおよび中国テンセント・ピクチャーズと共に、新作ゾンビ映画ゾンビ・ブラザー(仮題、原題:Zombie Brother)』を手掛けることが分かった。

『ゾンビ・ブラザー』は、中国テンセント・ピクチャーズによる大ヒット電子コミックおよびアニメーションを実写映画化するもの。原作コミックは2011年より348エピソードが製作され、170億回以上閲覧されている。アニメーションは最初の2シーズンで370億回以上視聴され、ゲーム化・舞台化もされている。中国が誇る大人気シリーズだ。

この度の実写映画は複数のジャンルを組み合わせ、少しだけSFとホラーの要素を取り入れた壮大なアドベンチャーコメディで、『21ジャンプストリート』(2012)や『デッドプール』(2016)を反映したような作品になるという。ゾンビにより世界が終末を迎えようとする中、引きこもりがちな機械オタクが意外にも人類の救済者になっていく様子を描くストーリーになるようだ。

実写版『ゾンビ・ブラザー』ではチャニング・テイタムが製作を担当するのに加え、『カン・フューリー』(2015)のデイビッド・サンドバーグが監督を、マシュー・リーバーマンが脚本執筆を担当する。キャスティングについては未定のようだが、『マジック・マイク』(2012)のようにテイタム自身が製作・出演を兼ねる形になるのだろうか。続報に期待しよう!

なおチャニング・テイタムは『X-MEN』シリーズのスピンオフ作品となる『ガンビット(仮題、原題:Gambit)』実写映画化のプロジェクトも抱えている

Source: VarietyDeadline

Writer

まだい
まだいEriko

日々筋トレに励んでいます

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly