Menu
(0)

Search

『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』ソーに「劇的な変化」を ─ クリス・ヘムズワース「東京コミコン2019」で予告

クリス・ヘムズワース「東京コミコン2019」2日目オープニングステージ
©THE RIVER

2019年11月22日(金)~24日(日)開催の「東京コミコン2019」(幕張メッセ)、あいにくの雨模様で迎えた2日目のオープニングは、我らが雷神ソーが飾った。午前10時からのステージには、『アベンジャーズ』『マイティ・ソー』シリーズでおなじみクリス・ヘムズワースが登場。寒いなか早くから集まったファンたちをものの一瞬で沸かせた。

司会を担当したのは杉山すぴ豊。「誰が出て来るかはお楽しみなんですが…」と言いつつ、ムジョルニアを片手に登壇した。杉山の呼び込みでヘムズワースが登場すると、会場いっぱいに集まった観客からは歓声が上がった。微笑みを浮かべながら、客席に手を振るクリス、朝一なのにさっそく神々しい。


クリス・ヘムズワース「東京コミコン2019」2日目オープニングステージ
©THE RIVER

「東京コミコンはいかがですか?」との質問に、ヘムズワースは「東京コミコンに来るのは初めてですが、素晴らしいですね。ものすごく歓迎していただいて、昨日は写真もたくさん撮れたんですよ。興奮しています。今日も楽しみです、ありがとうございます」とコメント。

ヘムズワースが来日したのは『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2014)以来。当時から日本でもマーベルや『マイティ・ソー』、ヘムズワースのファンが増えたことについて、「日本のファンは最高ですよ」と応じている。「残念ながら、『ダーク・ワールド』から来られていなかったので、帰って来られて嬉しいです。大好きな場所だし、みなさんのことも大好きだから」。

クリス・ヘムズワース「東京コミコン2019」2日目オープニングステージ
©THE RIVER

杉山が「クリスさんのためなら、ファンは日本を捨ててアスガルドに行っちゃうと思いますが…」と言うと、ヘムズワースは笑顔で「歓迎しますよ」と一言。会場から歓声があがると、「明日発つから、荷造りしておいて」と付け加えた。

ヘムズワースは『マイティ・ソー』1作目について、「キャリアで一番大きい役だっただから、本当に光栄だったし、夢にも思わなかった。それ以来、ずっと最高のライドに乗っているような気持ちです」と話した。それから『アベンジャーズ』シリーズを含めて演じ続けているが、「何度も演じられてうれしい。いろんな解釈を加え、役柄を進化させ続けられる。いろんな監督や俳優たちと一緒に取り組んでいるからです」。

クリス・ヘムズワース「東京コミコン2019」2日目オープニングステージ
©THE RIVER

そういえばファンにとっては、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)での太った姿も記憶に新しい。「別の角度から演じられたのが良かったです。肉体も精神も変化していて、非常に弱っていましたよね。あの映画では、どのキャラクターにも見たことのない変化が起こる。僕は俳優として、観客のみなさんに新しいもの、ユニークなもの、予想できないものを見せる責任があると思っています。エキサイティングな体験だったし、ソーをさらに楽しく演じられました」。

ヘムズワース自身は、ソーやマーベルのヒーローがこれほどの人気を博している理由を「まずはスタン・リーやケヴィン・ファイギ、マーベルのチームのおかげ」だと分析している。「それから俳優や監督たち、全員が見事にコラボレーションしているからでしょう。それぞれの仕事で、それぞれが恩恵を受けている。そういうチーム精神が成功につながったんだと思います」。杉山から「MCU人気はソー人気、クリスさん人気のおかげでもある」と言われると、「本当にありがとう」と言いつつも「もちろん自分のおかげだとは言えないし、もしもそんなこと言ったら、他のアベンジャーズに怒られちゃいますね」と笑顔を見せた。

クリス・ヘムズワース「東京コミコン2019」2日目オープニングステージ
©THE RIVER

なお「東京コミコン2019」では、ホーガン役の浅野忠信がアンバサダーを務めており、前日のオープニングセレモニーでは舞台上で共演。「ステージでも、舞台裏でも楽しく話せました」と言い、1作目当時を振り返って「初めて共演した時は、本当に新しい体験で、彼と一緒に新しい旅を始めたように思っていました。それから8年、10年経って、ここで会えたのは感動的でしたね」。

もちろん会場の幕張メッセには、ソーのコスプレイヤーも多数。「昨日もいろんなコスプレを見ましたし、みなさんすごく良いですね!」と話した我らがソーは、カッコよく振る舞うコツについて、杉山からムジョルニアを受け取ると「こうやって天高く掲げて、それから力いっぱい地面に振り下ろす!」とアピール。ポイントは「気合いとパワー、毅然としてやること」だそう。

クリス・ヘムズワース「東京コミコン2019」2日目オープニングステージ
©THE RIVER

ちなみにヘムズワースといえば『ゴーストバスターズ』(2016)のケヴィン役も根強い人気だが、そのタイトルが聞こえるや、笑顔を浮かべて「あの役もそれまでの自分とはぜんぜん違ったんですよ」と語った。「毎回違うことをやりたいし、いろんな脚本を読んでいますが、自分に馴染みのないものが良いと思うんです。簡単じゃないし、不安もあるけれど、もっと深く掘り下げて、新しいことを試しながら学んでいく感じです」。

ところで、会場に集まったファンが楽しみにしているのは、2021年公開『マイティ・ソー/ラブ&サンダー(原題)』。杉山に「どんなソーを見られるんでしょう?」と聞かれるや、「ラブいっぱい、サンダーいっぱい」と一言。通訳なしで会場から笑いが起こると、「ああ、伝わった」と笑った。「まだ脚本は読んでいませんが、懸命に作業が進んでいると思うし、すごく楽しみです。新しいもの、フレッシュなものが出てくるでしょうし、『エンドゲーム』がああいう作品だったので、今後の展開にはいろんな可能性があると思う。また劇的に変化させたいですよ」。

クリス・ヘムズワース「東京コミコン2019」2日目オープニングステージ
©THE RIVER

ヘムズワースいわく、やはり『ラブ&サンダー』の撮影は2020年半ばに始まるとのこと。「もう一度ソーを演じるということを超えて、キャラクターを変化させて、また特別なものをお見せしたいと思います」と熱意を示した。「みなさんのサポートに深く感謝しています。映画やキャラクターを愛してもらえなければ、できなかったことがたくさんある。本当に夢のような体験をさせてもらっています」。

最後にヘムズワースは、観客にふたたび感謝の気持ちを伝えると、「マーベルユニバースに参加できて本当にうれしい」と話した。「僕も含めて、いろんな人たちのイマジネーションが詰まっています。映画が公開された時には、できるだけ良い環境で、ぜひ映画館で観てください。特別な体験をもっとお届けしていきたいと思います」。最後には「ありがとう、みんな最高です」と笑顔を見せ、客席に手を振りながら退場した。

ギャラリー

「東京コミコン 2019」開催概要

会期 2019 年 11 月 22 日(金)~11 月 24 日(日)
※11 月 22 日(金)12:00~20:00
※11 月 23 日(土)10:00~20:00
※11 月 24 日(日)10:00~18:00
会場 幕張メッセ 9・10・11 ホール (〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬 2-1)

 

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly