Menu
(0)

Search

「ヴァンパイア・ダイアリーズ」イアン・サマーホルダー、「東京コミコン」で熱いステージ ─ あふれるサービス精神、新作「V Wars」も

「東京コミコン2019」イアン・サマーホルダー
© THE RIVER

2019年11月22日(金)~24日(日)開催の「東京コミコン2019」2日目の昼、ステージに「ヴァンパイア・ダイアリーズ」「V-Wars」のイアン・サマーホルダーが登場した。司会を務めたのは、「東京コミコン2019」広報部長でフリーアナウンサーの宇垣美里。聞き手として杉山すぴ豊も登壇した。

宇垣に呼び込まれたイアンは、自分のスマホで動画を自撮りしながら登場。「ハロー、トーキョー!」と叫べば、客席や、ステージエリアの外にまで広がった観客から歓声が飛んだ。腰に提げていたのは、血を思わせる赤いドリンク。イアンの代表作「ヴァンパイア・ダイアリーズ」は2009年から2017年まで放送された長寿シリーズで、イアンはヴァンパイアのデイモン・サルバトーレ役を演じていたのだ。


「東京コミコン2019」イアン・サマーホルダー
© THE RIVER

宇垣に「赤い飲み物を持ってますね」と言われるや、イアンは「僕にとってはコーヒーみたいなもの。エネルギーと活力がもらえる、不滅のドリンクです」と口にして、宇垣&杉山とハイタッチ。「アー・ユー・ハッピー?」と繰り返し、「来られてホントにうれしい、みなさんに感謝してます!」と挨拶した。そのノリの良さと勢いが、登場からものの数十秒で炸裂だ。

「東京コミコン、楽しんでますか? 日本のファンはいかがでしょうか」と尋ねられるや、イアンは「とっても楽しい。みなさんの一人一人、全員が素晴らしいですよ」と答えた。「すごく感謝してます。サンキュー、サンキュー、サンキュー」。ステージから会場の端にいるファンを指さして、「バッチリ見えてますよ!」とサービスも忘れなかった。

「東京コミコン2019」イアン・サマーホルダー
© THE RIVER

トークの進行は、「ヴァンパイア・ダイアリーズ」をすべて観ているという宇垣が担当。8シーズンを通じて、1800年代から現代まで長い期間を生き抜くキャラクターであり、悪役にもヒーローにもなる人物をいかに演じたかという問いかけには、「役づくりは…そうですね、まずは人を何人か殺したりしました」。宇垣が「本当ですか?」と聞き返すと、「そんなわけないでしょ、違法ですよ」と応じた。「2世紀も生きている人を演じるのはとんでもないこと。歴史をさかのぼる物語もスゴい。でも自分にとって大きかったのは、デイモンとステファン(弟)が若い頃は愛し合っていて、ハッピーだったということです」と話した。

撮影を振り返って、イアンは「学校や職場に長いあいだ通っていると、一種の家族のようになっていきますよね。それを8年間もやったわけです」と語る。「そんなに続いたのはみんなのせいですよ! みなさん全員のせいなんだ! サンキュー、サンキュー、サンキュー!」。20分強のトークの間に、イアンはステージから客席に向けて何度も「サンキュー」と口にした。

「東京コミコン2019」イアン・サマーホルダー
© THE RIVER

現在、イアンは新作となるNetflixオリジナルシリーズ「V Wars」シーズン1の配信開始を2019年12月5日に控えている。今回、シーズン2の撮影で多忙な中での来日が実現したのだ。そんなイアンは、あまりにも「ヴァンパイア・ダイアリーズ」を長い間撮っていたため、「V Wars」の撮影中でも「『ヴァンパイア・ダイアリーズ』に会いたいと思うこともあります。テレビ史上最高のスタッフでした、また会えたらいいですね」。

「V Wars」でイアンが演じているのは、「ヴァンパイア・ダイアリーズ」のヴァンパイア役から一転、今度は科学者役だ。その変化を語る際、イアンは「ちょっと長くなるから、近づいて」と宇垣を引き寄せつつ、真剣に語り始めた。

「デーモン役は本当に楽しかったんです。愉快かと思えば、卑劣だったり、爽やかだったりする。セクシーな人でもあったし、クソ野郎でもあった。それでも愉快なところがあったので、気に入ってもらえたのかなと思っています。ただ、あまりに長くデーモンを演じていたので、(今回は)善人を演じられるのが本当に嬉しいんですよ。ずっとスーパーヒーローを演じたいと思っていましたしね。でも、なぜスーパーヒーローがスーパーパワーを手に入れたかといえば、それは彼が良い父親であり、良い科学者であり、良い夫だったから。だから僕が思うに、良い父親や良い科学者、良い夫はスーパーヒーローなんです。あらゆるところにポジティブな影響を与えますしね。」

もっとも、「V Wars」で演じるドクター・スワン役は「ナイスガイではあるけれど、大変な目に遭っていき、まるで別人のように、獣のように変化する」役柄でもあるのだとか。「そういう変化をたった10話で演じるんですが、それが面白いところです」。そして、自分の言葉にじっと耳を傾けていた観客や宇垣、杉山に「サンキュー、サンキュー、サンキュー!」と指をさして感謝した。「みんな、本当に大好き!」。

「東京コミコン2019」イアン・サマーホルダー
© THE RIVER

ここで「スーパーヒーロー」という言葉に反応したのが、“アメキャラ系ライター”の名で活動する杉山だ。「ヤング・スーパーマン」でアダム・ナイト役を演じていたイアンが、もしもコミックのヒーローを演じられるとしたら? この質問に、イアンは「僕は人間を演じたいんです。とんでもない経験を乗り越えて強くなる、スーパーナチュラルなパワーを持った人間を演じてみたい」と答えた。杉山が「(DCコミックスの)ロビンやナイトウィングを演じてほしい」と言えば、「面白いでしょうね」とまんざらでもなさそうだ。

ところで、感謝とサービス精神を常に忘れないイアンは、「デイモンがクソ野郎だったので、僕は良いヤツになりたい」とも口にした。しかし、杉山が「確かに最初はイヤなヤツですけど、どんどんデイモンが好きになっていくんですよ」と言えば、イアンは「面白い現象ですね」と一言。杉山が「デイモンが“ダメな兄貴でごめんな”って言うところで、いつも泣いてしまう」と伝えると、「最高の感想です」と杉山を抱きしめた。ここで劇中の名ゼリフ「ハロー、ブラザー」が飛び出すと、客席からは悲鳴があがっている。

「東京コミコン2019」イアン・サマーホルダー
© THE RIVER

最後にイアンは、日本のファンに向けて「どうしたって感謝を言い尽くすことができません。できるだけ多くの方にお会いしたいし、この美しい国や、この国の文化についてもっと知りたい。ここにいられるのが夢のようです。愛してます、ありがとう」と話した。新作「V Wars」については「心を込めて作っていますし、シーズン1は始まりです。ぜひ観てください」とアピール。「今後、日本人のキャラクターを2人登場させたいと考えています。一人は女性、一人は男性で、きっと大好きになってもらえると思う。みなさんにご覧いただき、シーズンを重ねて、物語を深めていければと願っています」。

ステージを去る際、イアンは「日本のみなさん、大好きです!」と口にし、日本語で「ありがとう、東京!」と叫んだ。「サンキュー、サンキュー、サンキュー、サンキュー!」。最後までイアンは観客に微笑みかけ、力強く手を振った。

ギャラリー

「東京コミコン 2019」開催概要

会期 2019 年 11 月 22 日(金)~11 月 24 日(日)
※11 月 22 日(金)12:00~20:00
※11 月 23 日(土)10:00~20:00
※11 月 24 日(日)10:00~18:00
会場 幕張メッセ 9・10・11 ホール (〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬 2-1)
 

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly