Menu
(0)

Search

『ハリー・ポッター』ルパート・グリント「今でもロン・ウィーズリーの感覚」 ─ 「『ファンタビ』も素晴らしい」と「東京コミコン2019」で語る

ルパート・グリント ロン・ウィーズリー「東京コミコン2019」
©THE RIVER

2019年11月22日(金)~24日(日)開催の「東京コミコン2019」(幕張メッセ)最終日となる24日のステージでは、「ロン祭り」と題した『ハリー・ポッター』のスペシャル・ステージが開催。ロン・ウィーズリー役でお馴染みのルパート・グリントが登場を果たした。

ルパート・グリント ロン・ウィーズリー「東京コミコン2019」
©THE RIVER

颯爽と現れたルパートを、詰めかけたファンは大歓声で歓迎。「歓迎ありがとうございます。とてもワクワクしています」と慎ましく挨拶をした。

「日本は大好きです。とても良い時間を過ごしています。確か、前回来たのは10年前でしたね」と語ったルパートは、東京コミコンに参加して印象的だったことを聞かれ、「言い尽くされたことかもしれませんが、日本の人が大好きなんです」と微笑む。「あなた達はとても敬意を払ってくださいます。たくさん贈り物も頂いて、ありがとうございます。本当に良い3日間になりました」とファンとの交流を振り返った。

ルパート・グリント ロン・ウィーズリー「東京コミコン2019」
©THE RIVER

このステージの司会を務める宇垣美里から「『ハリー・ポッター』という人気シリーズで、ハリーの親友ロンを演じるというのはどういう心境なのですか」と尋ねられられると、「人生最高の時期でした」と言い表した。「子供の頃から(『ハリー・ポッター』の)本を読んで、登場人物にはとても共感できていたんです。だから、何年もロンを演じる内に、自分がロンと一体化したような心境でしたね。今でもロン役でいるような感覚です。僕の中で役が成長したようですね。」

宇垣は続けて「ロンは普通(の人)だからこそ、一番感情移入が出来た。“あえて普通”であるロンを、どのように演じていたのですか」と質問。ルパートは、「まず、本を読んでいて、原作の大ファンでした。ロン役には、深いつながりが感じられていたんです。だからこそオーディションを受けようと決意したんです。ロンには、常に共感できました」と答え、ロンについて「自分を犠牲にできる人で、とても忠誠心が高くて、良き友人ですね」と語った。

ルパート・グリント ロン・ウィーズリー「東京コミコン2019」
©THE RIVER

本物のロンとゲームのロンが共演

ハリー・ポッター魔法ワールドからは、現在スマホゲームの『ハリー・ポッター:魔法同盟』が好評配信中。このゲームにも若きロン・ウィーズリーが登場していることについて、「シュールですよね。でも、僕もゲーム好きなので楽しいです」と本人ならではの気持ちを語った。

「映画が完結して、およそ10年が経ちましたが、新しい形で物語が続いていますね。このゲームや、舞台や、『ファンタスティック・ビースト』で。素晴らしいことだと思いますし、とても誇らしいです。」

『ハリー・ポッター:魔法同盟』には、カメラを使ったAR機能で作中のキャラクターや魔法動物を出現させることができる。ここで、ゲーム内のロンと本物のロンを共演させようという試みも。『魔法同盟』のロンとは、ルパートも「話には聞いていたんですが、まだ見たことがなかったんです」と初対面の様子だ。「東京コミコン」ステージ上で、ふたりのロン・ウィーズリーが肩を組むという貴重な1ショットが実現した。

ルパート・グリント ロン・ウィーズリー「東京コミコン2019」
©THE RIVER

ステージには、『ハリー・ポッター』や『ファンタスティック・ビースト』のコスプレ姿のファンが登壇する一幕も。様々な趣向を凝らしたファンの姿を前にルパートは「Amazing!」「Incredible!」と喜び、ヴォルデモート卿の姿を見つけると「Oh my god! ヴォルデモートだ!怖い!」とコメントした。

ルパート・グリント ロン・ウィーズリー「東京コミコン2019」
©THE RIVER

最後に日本のファンへメッセージを求められると、「ご来場ありがとうございます。ここに来られてとても興奮しています。日本が大好きです。ロン役を演じてからずいぶん経ちますが、物語やキャラクターが今もなお皆さんに愛されていることを実感できました。皆さんに会えて嬉しいです。またすぐに戻ってきます!」と挨拶し、少し名残惜しそうにステージを後にした。

ルパート・グリント ロン・ウィーズリー「東京コミコン2019」
©THE RIVER

観客席には、『ハリー・ポッター』のファンを始め大勢の観覧客が詰めかけた。ルパートは、壇上からファンに向けてさりげなく手を振り続け、穏やかな笑顔を振りまく。少しドジで憎めないロン・ウィーズリー役の印象とはまた違う、優しい大人の男の落ち着いた風格をまとい始めていた。

ギャラリー

「東京コミコン 2019」開催概要

会期 2019 年 11 月 22 日(金)~11 月 24 日(日)
※11 月 22 日(金)12:00~20:00
※11 月 23 日(土)10:00~20:00
※11 月 24 日(日)10:00~18:00
会場 幕張メッセ 9・10・11 ホール (〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬 2-1)

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly