Menu
(0)

Search

「東京コミコン2019」全員集結 ─ クリヘム、ジュード、ラファロ、オーランド、ルパート、ザッカリー、イアン豪華共演

「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER

2019年11月22日(金)~24日(日)開催の「東京コミコン2019」が幕を閉じた。ハリウッドのトップスターたちが一堂に会し、アンバサダーと広報部長という初めての役職を迎えての3日間も、いよいよグランドフィナーレ。会期の最後を見届けるべく、来場者の多くがステージ周辺に集合し、大混雑を知らせるアナウンスが場内に響くほどだった。

グランドフィナーレの進行を務めたのは、「東京コミコン2019」広報部長の宇垣美里。「最後まで盛り上がってまいりましょう!」と声をあげると、客席からは歓声が飛んだ。


豪華スター俳優、ステージに登場

宇垣の呼び込みで最初に登場したのは、アンバサダーを務めた浅野忠信。笑顔でステージに現れた浅野は、「東京コミコン2019」を振り返って「面白かったですね、こんなことが本当に起こるんだなと思って。大スターが集まって、これだけ会場が盛り上がって。コスプレのショーもあって(編注:直前の「コスプレチャンピオンシップ」で浅野は審査員長を担当)、楽しみました」と語った。

そして、今年のコミコンを彩ったスターたちが次々に登壇。「ヴァンパイア・ダイアリーズ」(2009-2017)のイアン・サマーホルダーは、登場するや会場を見渡し、「サンキュー、トーキョー、アイラブユー!」と叫んだ。トークのステージでもたびたび口にしていた、「サンキュー、サンキュー、サンキュー!」は今回も炸裂。「またすぐにお会いしましょう」との言葉には、ファンから喜びの悲鳴が飛んだ。

「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER

続いて登場したのは『シャザム!』(2019)のザッカリー・リーヴァイ。「日本のことが大好きです。世界でも大好きな国のひとつになりました。お招きいただき、ありがとうございます。またすぐにお会いできることを願っています」と話し、日本語で「ありがとう、ありがとう、どうもありがとう!」。

「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002)ボバ・フェット役のダニエル・ローガンは、いまや東京コミコンの常連者。日本語で「東京コミコン、また来年!」と、ちょっと気の早い挨拶を繰り出した。さらに日本語で「ありがと、ありがと、ありがとかんざいます」。惜しいけれど、気持ちはめちゃくちゃ伝わってくる…!

「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER

『ハリー・ポッター』ロン・ウィーズリー役のルパート・グリントは、「東京、本当にありがとうございます。すごく楽しい時間でした。またすぐに帰ってこられることを楽しみにしています」と話した。日本語で「ありがとう」と言えば、ファンからは歓声が上がった。

「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER

『ロード・オブ・ザ・リング』『パイレーツ・オブ・カリビアン』のオーランド・ブルームは、胸に手を当て、感謝を身体で表しながらステージに登場。日本語で「みんな大好き、ありがとうございます」と挨拶し、「ジャパン、サンキュー、トーキョー。すごく楽しかった、また帰ってくるのを楽しみにしています」。最後に再び、「ありがとうございます」と丁寧に言い添えた。

「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER

『アベンジャーズ』ハルク役のマーク・ラファロは、やはり悠々とした足取りで登場。日本語で「こんにちは、どうもありがとう」と挨拶すると、会場からはひときわ大きい歓声が上がった。「すごく楽しい時間、素晴らしいファンのみなさん、とてもスイートな方々でした。もう僕は日本に引っ越したい。アメリカを出て行きたいんです、怖いから」と笑って言えば、会場からは笑いや歓声、さまざまなリアクションが。「本当にありがとう。楽しい夜を」と締めくくった。

「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER

『ファンタスティック・ビースト』や『キャプテン・マーベル』(2018)のジュード・ロウは、スター俳優のオーラを全身にまとい、手を振りながら登場。挨拶の前に、後ろに控えたマーク&オーランドと手を叩き合わせて笑顔を見せた。日本語で「こんにちは」と挨拶してから、「みなさん、本当にありがとうございます。この3日間、本当に温かく、また熱心に歓迎してくださってうれしかったです。またすぐにお会いしましょう」。

「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER

マーベル映画のソー役で知られるクリス・ヘムズワースは、白いTシャツで登場し、会場からの大喝采を浴びた。「みなさん、こんにちは。もう言われていることの繰り返しになりますが、本当にありがとうございます。最高の時間を過ごしました。あたたかく、楽しく、親切に出迎えてもらえて、心からうれしく思います。ありがとうございます」。

「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER
「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER

フォトセッション、コスプレイヤーも登場

登壇者全員でのフォトセッションでは、イアンとザッカリー、浅野の3人が肩を組んでみたり、オーランドが胸に手を当て、また手を振ったりと、観客との間で思い思いのコミュニケーションを見せていた。時折、ダニエルとルパートが言葉を交わしたり、オーランドとマークがなにやら笑いあっていたりと、めったに見られない光景を目撃できるのもコミコンの醍醐味だ。

「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER
「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER

そしてフォトセッションには、直前に開かれていた「コスプレチャンピオンシップ」の受賞者や出演者も登場。コンテストの「東京コミコン賞」を受賞したハリー・ポッターがロン役のルパート・グリントと握手を交わしたり、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のコスプレチームと“ウィル・ターナー”オーランド・ブルームがハイタッチしたり(ちなみに『パイレーツ』チームの存在をオーランドに知らせたのはマーク・ラファロらだった)と、スターとコスプレイヤーの交流がみられた。

「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER

そんな中でも、マーク・ラファロとジュード・ロウのペア、クリス・ヘムズワースとオーランド・ブルームのペアといったレアな顔合わせが見られたのもポイント。いったいどんな話をしていたんだろう?

「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER
「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER

スターたちが手を振りながらステージを去っていく中、両サイドからは金テープが飛び出し、「東京コミコン2019」は堂々の閉幕。大盛況の中、来年には「東京コミコン2020」が開催されること、そしてさらにパワーアップすることが発表された。

「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER

豪華すぎる写真ギャラリー

「東京コミコン 2019」開催概要

会期 2019 年 11 月 22 日(金)~11 月 24 日(日)
※11 月 22 日(金)12:00~20:00
※11 月 23 日(土)10:00~20:00
※11 月 24 日(日)10:00~18:00
会場 幕張メッセ 9・10・11 ホール (〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬 2-1)

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly