Menu
(0)

Search

「東京コミコン2019」全員集結 ─ クリヘム、ジュード、ラファロ、オーランド、ルパート、ザッカリー、イアン豪華共演

「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER

『ファンタスティック・ビースト』や『キャプテン・マーベル』(2018)のジュード・ロウは、スター俳優のオーラを全身にまとい、手を振りながら登場。挨拶の前に、後ろに控えたマーク&オーランドと手を叩き合わせて笑顔を見せた。日本語で「こんにちは」と挨拶してから、「みなさん、本当にありがとうございます。この3日間、本当に温かく、また熱心に歓迎してくださってうれしかったです。またすぐにお会いしましょう」。

「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER

マーベル映画のソー役で知られるクリス・ヘムズワースは、白いTシャツで登場し、会場からの大喝采を浴びた。「みなさん、こんにちは。もう言われていることの繰り返しになりますが、本当にありがとうございます。最高の時間を過ごしました。あたたかく、楽しく、親切に出迎えてもらえて、心からうれしく思います。ありがとうございます」。

「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER
「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER

フォトセッション、コスプレイヤーも登場

登壇者全員でのフォトセッションでは、イアンとザッカリー、浅野の3人が肩を組んでみたり、オーランドが胸に手を当て、また手を振ったりと、観客との間で思い思いのコミュニケーションを見せていた。時折、ダニエルとルパートが言葉を交わしたり、オーランドとマークがなにやら笑いあっていたりと、めったに見られない光景を目撃できるのもコミコンの醍醐味だ。

「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER
「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER

そしてフォトセッションには、直前に開かれていた「コスプレチャンピオンシップ」の受賞者や出演者も登場。コンテストの「東京コミコン賞」を受賞したハリー・ポッターがロン役のルパート・グリントと握手を交わしたり、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のコスプレチームと“ウィル・ターナー”オーランド・ブルームがハイタッチしたり(ちなみに『パイレーツ』チームの存在をオーランドに知らせたのはマーク・ラファロらだった)と、スターとコスプレイヤーの交流がみられた。

「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER

そんな中でも、マーク・ラファロとジュード・ロウのペア、クリス・ヘムズワースとオーランド・ブルームのペアといったレアな顔合わせが見られたのもポイント。いったいどんな話をしていたんだろう?

「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER
「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER

スターたちが手を振りながらステージを去っていく中、両サイドからは金テープが飛び出し、「東京コミコン2019」は堂々の閉幕。大盛況の中、来年には「東京コミコン2020」が開催されること、そしてさらにパワーアップすることが発表された。

「東京コミコン2019」フィナーレ
©THE RIVER

豪華すぎる写真ギャラリー

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly