Happyくじ「MARVEL」COMICS 全商品実物「東京コミコン2017」で披露 ─ なぜ「けん玉」と「ヴェノム」?担当者に訊いた

2017年12月19日(火)より数量限定発売となるHappyくじ「MARVEL」COMICSの全商品が、2017年12月1日(金)〜3日(日)に開催された「東京コミコン2017」にてお披露目された。アメカジ・テイストのブースにおしゃれに散りばめられたマーベルのアイテムたちは、「東京コミコン」会場内でも一際クールに映えた。

©THE RIVER

レンガ調の壁面に飾られたのは、F賞のポスター。ヴィンテージ調のデザインはA2サイズの実物を見ると存在感があり、お部屋に飾るとカッコよさそう。一枚ではもちろん、写真のように何枚か並べてもクール。

©THE RIVER

こちらはB賞のクッションとC賞のブランケット。「MARVEL」ボックスロゴがスタイリッシュ。

©THE RIVER

G賞のノートもレトロデザイン、マットな質感でおしゃれ。デスクの上にさり気なく置いて自慢したい。

©THE RIVER

もちろんノート中面もマーベル。左上にスパイダーマン、右下にアイアンマンのコミックイラストが。

「けん玉」と「ヴェノム」、なぜ?

©THE RIVER

注目はE賞のけん玉だ。ラインナップに「けん玉」の文字を見た時は少し驚きもしたが、こうして実物を見ると想像以上のオシャレさに思わず欲しくなってしまう。担当者にお話を聞いた所、当初はヨーヨーの商品化を検討していたが、けん玉の方がより男女共に楽しんでもらえて、かつお部屋に置いておいてもインテリア性が高いのではないかと考えた経緯があるそうだ。

©THE RIVER

ホーロー製マグカップは手にしっとり馴染んで使い勝手も良さそう。寒い季節、このマグカップであたたかい飲み物やスープを頂きたい。

©THE RIVER

H賞となるステッカーシートも想像以上のデザイン製。フチが透明素材になっているから、奥のMacbookのようにサラリと貼ると超オシャレ。

©THE RIVER

こちらが気になるA賞とラスト賞、スパイダーマンとヴェノムのアクションポーズフィギュア。それぞれ向かい合わせるとバトルシーンの再現が可能だ。
ちなみにヴェノムと言えば、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントよりトム・ハーディ主演の実写映画化も決定している。今回の商品化も来たるヴェノム・ブームを見越してかと思いきや偶然で、ヴェノム実写映画化のニュースよりも商品企画の方が先立ったという。このラスト賞、まさかのヴェノムの選出にファンは喜んだが、担当者も想像以上のヴェノム人気に驚いたそうだ。

©THE RIVER

こちらはGEO限定のヴァリアント・カラー版。GEO店舗で購入して貰えるくじ券をめくった中面に記載されているシリアルIDを4つ集めて応募、抽選で20名に当選するゲキレア版だ。

©THE RIVER

おなじくGEO店舗で一度にくじを3個以上購入すると、こちらのポストカードもランダムで1枚貰えるそう。何枚でも欲しいね。

東京コミコン2017では一部先行販売が行われたそうだが、あまりの人気に開催初日であっという間に品切れになったという。一般販売開始は2017年12月19日(火)だ。

HAPPYくじ「MARVEL」COMICS シリーズ 商品概要

価格:
1回756円(税込)

発売日:
2017年12月19日(火)より順次発売開始

販売箇所:
GEO、TSUTAYA、HMV、古本市場、タワーレコード、ヨドバシカメラ他、ホビーショップ、書店、レンタルショップ等(※一部取扱いのない店舗もございます。)

景品内容:
全8等級 +ラスト賞(全27種)

詳細はHappyくじホームページ(http://www.h-kuji.com)またはtwitter(@HappyKuji)にて随時更新予定。

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。