『トランスフォーマー』新作アニメ映画の制作が明らかに ─ マイケル・ベイ実写版と世界観を共有

シリーズ最新作『トランスフォーマー/最後の騎士王』が2017年8月4日に日本公開となったトランスフォーマーが、新たなアニメ映画の制作を予定していることがわかった。同シリーズの商品ライセンスを有する玩具会社ハズブロの投資家向けイベントで明かされ、そのレポートが複数のメディア、ファンサイトに掲載されている。

同イベントでハズブロ社は、トランスフォーマーほか、同社の主力シリーズ『マイ・リトル・ポニー』と『ストレッチ・アームストロング』のアニメ映画を年に一度の頻度で公開することを発表。タイトルや公開時期などは明らかにされていないが、マイケル・ベイ監督による実写映画シリーズに基づく内容になるという。

また、新たなアニメシリーズとして、2015年の『ロボッツ・イン・ディスガイズ(Transformers: Robots in Disguise)』に続く『サイバーバース』が制作予定で、2018年にチャプター1、2019年にチャプター2が公開予定。さらに、子供向けの内容となる『レスキューボッツ・アカデミー』アニメシリーズの展開も発表した。

なお、2018年12月公開予定のスピンオフ作品『バンブルビー』は全年齢層を対象にした内容になることも語られた模様。現在公開中の『トランスフォーマー/最後の騎士王』で迎えるバンブルビーの新たな変化をしっかり抑えておこう。

映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』は絶賛公開中。

Source:https://www.comicbookmovie.com/transformers/hasbro-confirms-that-a-new-animated-transformers-movie-is-in-developmentbut-theres-a-catch-a153078
http://news.tfw2005.com/2017/08/03/tfw2005-coverage-hasbro-media-investor-day-2017-346226

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。