Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ』サノス復活はありえるか?『エターナルズ』で考える最強ヴィランの再登場

『アベンジャーズ/エンドゲーム』サノス
ⒸMarvel Studios 2019 Supplied by LMK 写真:ゼータイメージ

アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)で、ヒーローたちはタイタンの帝王・サノスを倒した。アベンジャーズは決死の思いでインフィニティ・ストーンを再度集め、失った人々を取り戻し、そしてサノス軍を滅したのだ。

サノスはもう二度と登場しない、と信じるのは早計だろうか?ドラマ「ロキ」では、TVA内に複数のインフィニティ・ストーンが存在することが明らかになった。もしも邪悪な存在がこのストーンを悪用すれば、サノスを蘇らせることも可能だ。

そもそもインフィニティ・ストーンの用途は、サノスが行った「全宇宙の生命体の半分を消し去る」ことに限られていない。それが行えるほどの強大な力を持つ、という解釈のもと、『エンドゲーム』ではブルース・バナーが消えた人々を戻すことに使い、トニー・スタークがサノス軍“だけ”を消滅させるために使った。消えた人々を戻すことができたなら、サノス軍だって同じように戻せるはずである。

しかしMCUの進行状況を現実的に考えれば、再びインフィニティ・ストーンと共にサノスを復活させ、再度戦わせるという展開は億劫だ。フェーズ4に突入したMCUが、新たなる脅威へと向かっているのは明らかである。『エターナルズ』ではコズミック・ビーイングのセレスティアルズが登場し、2023年の『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』では征服者カーンと呼ばれるヴィランが登場する。いずれも、サノスをも凌駕するような存在だ。

さらに『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』以降はマルチバースも取り扱われる。すると「過去・現在・未来」といった直線的時間に加え、並行世界へのリンクが生じ、世界観はより複雑になってゆく。

次のページには、『エターナルズ』のネタバレが含まれています。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly