Menu
(0)

Search

『ザ・バットマン』のカーチェイスシーン、『フレンチ・コネクション』からの影響あり ─『ベイビー・ドライバー』エドガー・ライト監督も「たまらない」と絶賛

ザ・バットマン
© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

DCコミックスTHE BATMAN -ザ・バットマン-』が日本上陸した。早くも話題沸騰中の本作では、バットマンペンギンによるスペクタクルなカーチェイスシーンが登場する。このシーンは名作映画、『フレンチ・コネクション』シリーズから影響を受けていたようだ。

この記事には、『THE BATMAN -ザ・バットマン-』のネタバレが含まれています。

ブルース・ウェインがバットマンになって2年目の物語が描かれる本作。バットマンは、連続殺人事件の犯人を名乗る最狂の知能犯、リドラーから仕掛けられた謎を解き明かしていく中で、アイス・バーグ・ラウンジというナイトライフ・スポットに辿り着く。そこは暗黒街に属する人物たちも集う場所で、オズワルド・コブルポット/ペンギンがアイス・バーグ・ラウンジの経営者である。影の詐欺師であるペンギンは、ゴッサム・シティの最大の悪党の業務を担っているのだ。

そんなペンギンの事件への関与を疑い、バットマンは調査に乗り出すが、車で逃走されてしまう。そこでバットマンはバットモービルに飛び乗り、ペンギンを容赦なく追い詰めていくことに。この白熱したカーチェイスシーンについて、Indie Wireのインタビューにてマット・リーヴス監督は、「心の底から混沌を感じてもらいたいと思ったので、カメラは可能な限り固定にしたかったんです」と説明。また、『フレンチ・コネクション』のように主観映像で撮影することで、バットマンとともにバットモービルに座っているかのような疑似体験を生み出したかったのだという。

この鬼気迫るカーチェイスシーンには、多くの観客が興奮したに違いない。『ベイビー・ドライバー』(2017)などのエドガー・ライト監督もまたそのひとりで、「雨に濡れた高速道路のバットモービルのシーンは、カーチェイスマニアとして言わせてもらうと、本当にたまらなかったです」と絶賛している

『THE BATMAN -ザ・バットマン-』は公開中。

Source: Indie Wire

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly