Menu
(0)

Search

『ザ・バットマン』ロバート・パティンソン、朝から晩まで撮影の疲労で「自分が人間に見えませんでした」

THE BATMAN-ザ・バットマン-
© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

DCコミックスの最新作『THE BATMAN- ザ・バットマン-』でブルース・ウェインバットマンを演じたロバート・パティンソンは、朝から晩までバットスーツに身を包んで撮影に挑んでいたという。撮影最終日の疲労感はというと、自分の姿が「人間には見えなかった」ほどだそうで……。

このたび米Entertainment Weeklyでは、2022年3月11日に日本公開を控える『THE BATMAN- ザ・バットマン-』の製作の舞台裏に関するエピソードが掲載されている。他作品の撮影と比較し、本作は「全てがひっくるめられていた」と語るパティンソン。その真意は、バットマンという唯一無二のキャラクターを演じ切る上でパティンソンが経験した過酷な撮影にあった。

「1週間ずっとスタジオの隣にあるホテルに滞在したんです。4時半に起きてトレーニングを始めて、そのあとは夜の9時半までやって終了みたいな生活だったので。常にあの世界に浸りきりでした。

本作の撮影は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で一時中断を経たものの、1年2ヶ月という長丁場で行われた。パティンソンもバットマンモードから離れなければいけない時はあっただろうが、ともかく撮影終了時は本人にしか感じることができない疲労感に襲われていた模様。それは「メイクテストの時の自分の写真を見た時と比べたら、最後なんかは自分が人間に見えませんでした」というパティンソンの言葉から明白だ。「3年くらい路上にへばりついていた風船ガムのような見た目だった」とまでパティンソンは語っている。

そんなパティンソン、メガホンを取ったマット・リーブス監督によると、「ほとんど全てのシーン」で登場しているという。ここからもパティンソンのハードワークぶりが察されるが、ファンにとっては嬉しいことでもある。リーブス監督も、「ずっと彼(ブルース)の経験と一体であるという意味では、とっても(アルフレット・)ヒッチコックらしさが感じられます」と、パティンソンの努力によって生み出された作品の“味”を予告した。

映画『THE BATMAN- ザ・バットマン-』は2022年3月11日(金)全国公開。

Source: Entertainment Weekly

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly