Menu
(0)

Search

マッツ・ミケルセン、『ポーラー』の新作『ザ・ブラック・カイザー』に主演 ─ 監督続投、暗殺者の戦い再び

ポーラー 狙われた暗殺者

マーベル映画『ドクター・ストレンジ』(2016)のカエシリウス役で知られ、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』ではジョニー・デップの代わりにグリンデルバルド役を引き継いだデンマーク出身のマッツ・ミケルセン。世界を股にかけて活躍するミケルセンが、『ポーラー 狙われた暗殺者』(2019)の新作となる映画『ザ・ブラック・カイザー(原題:The Black Kaiser)』に主演することが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

この企画は、ビクトル・サントスによるグラフィックノベルシリーズ『Polar(原題)』が下敷きとなり、ミケルセン主演&ヨナス・アカーランドがメガホンをとった2019年のNetflix映画『ポーラー 狙われた暗殺者』の関連作品。同作では、引退を控えていた殺し屋のブラック・カイザーことダンカン・ヴィズラが、彼に支払う年金を惜しんだ強欲な雇い主ブルートに命を狙われ、壮絶な死闘を繰り広げた。

『ザ・ブラックカイザー』でも監督を務めるアカーランドとミケルセンの再タッグが実現。本作では、ブラック・カイザーが強大な暗殺者シンジケートを守っていた陰謀を暴いたことで、組織のナンバーワン・ターゲットになってしまう。『ポーラー』でペンをとったジェイソン・ロスウェル&ミケルセンが共同脚本を手がけ、ジェレミー・ボルトとロバート・クルツァーがプロデューサーとして続投。ミケルセン、マルティン・モスコヴィッツ、マイク・リチャードソンが製作総指揮を務め、『ポーラー』のスタッフが再集結する。他キャストの交渉は、現在進行中だ。

スウェーデン出身のアカーランドは、黎明期のブラックメタル・シーンの全貌に迫ったノンフィクション書『ブラック・メタルの血塗られた歴史』の映画化となる『ロード・オブ・カオス』(2018)で監督を務めて高い評価を得ている。

Source:Deadline

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly