Menu
(0)

Search

人気コミック「ザ・ボーイズ」ドラマ版、“主人公のモデル”サイモン・ペッグが出演決定 ― 主人公の父親役で

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ベンジー役俳優 サイモン・ペッグ インタビュー
©THE RIVER

特殊な能力を持つスーパーヒーローたちの暴走を見張り、時には始末する…。
ガース・エニスが原作を担当した人気アンチヒーロー・コミック『ザ・ボーイズ』(邦訳版は誠文堂新光社刊)のドラマ版に、主人公ウィー・ヒューイのモデルとなった俳優サイモン・ペッグが出演することがわかった。

ドラマ版「ザ・ボーイズ(邦題未定、原題:The Boys)」の製作・配信を担当するのは米Amazon Prime Video。ウィー・ヒューイ役は『ハンガー・ゲーム』シリーズのジャック・クエイドが演じ、サイモンはその父親役として出演する。米国で開催されたNew York Comic Conにて正式に発表されたほか、シリーズの予告映像も公開されている。

「ザ・ボーイズ」のエグゼクティブ・プロデューサーを務めるのは、ドラマ「タイムレス」(2016-2018)のエリック・クリプキと、「ザ・ボーイズ」原作者のガース・エニスによる同名コミックをドラマ化した「PREACHER プリーチャー」(2016-)のエヴァン・ゴールドバーグら。New York Comic Conにて、クリプキは「ガースが原作を執筆した頃よりも、(現実の)世界は『ザ・ボーイズ』の世界に近づいている」として、本作が「最も時事的なテレビ番組」になることを予告した。

ドラマ「ザ・ボーイズ」には、サイモン・ペッグと映画『スター・トレック』シリーズで共演している俳優カール・アーバンが主要人物のひとりビリー・ブッチャー役で出演。そのほか『スーサイド・スクワッド』(2016)の福原かれん、ドラマ「ゴシップガール」(2007-2012)のチェイス・クロフォード、「Marvel ジェシカ・ジョーンズ」(2015)のエリン・モリアーティといった顔ぶれが出演する。

ドラマ「ザ・ボーイズ(邦題未定、原題:The Boys)」は米Amazon Prime Videoにて2019年配信予定。なおシーズン1は全8話構成となる。

Sources: Deadline, ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly